男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ハッピー・デス・デイ

  • はっぴーですでい
  • HAPPY DEATH DAY
  • HAPPY DEATH DAY
  • 平均評点

    75.7点(585人)

  • 観たひと

    809

  • 観たいひと

    41

  • レビューの数

    87

基本情報

ジャンル ホラー / サスペンス・ミステリー / スリラー
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2019/6/28
上映時間 96分
製作会社
配給 東宝東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)Universal Pictures

解説

「ゲット・アウト」「ハロウィン」のジェイソン・ブラムが製作を務めたタイムループホラー。女子大生ツリーは誕生日の朝、男子学生のベッドで目を覚ます。その日が終わる頃、彼女は何者かに惨殺されてしまうが、再び誕生日の朝、同じ部屋で目を覚ますのであった。出演は「ラ・ラ・ランド」のジェシカ・ロース、「ブリングリング」のイズラエル・ブルサード。監督は「パラノーマル・アクティビティ 呪いの印」のクリストファー・ランドン。

あらすじ

キャンパスの女子寮に暮らす高飛車な大学生ツリー(ジェシカ・ロース)。遊んでばかりの彼女は、誕生日の朝も見知らぬ男子学生カーター(イズラエル・ブルサード)のベッドで頭痛とともに目を覚ます。だがすぐに今日は何かが普段と違うことに気付き、また何もかもがすでに経験しているように感じるのだった。慌ただしくいつも通りのルーティンをこなし、夜のパーティーに繰り出そうとする彼女だったが、突如マスク姿の殺人鬼に刺し殺されてしまう。ところが目覚めるとまたも誕生日の朝、ツリーはカーターのベッドの上にいるのだった。そして再び同じ1日を繰り返し、また殺されてしまうツリー。彼女はエンドレスのタイムループにはまりこんでいたのであった。ループを止めるには犯人を見つけることだと気付いたツリーは殺されても、殺されても殺人鬼に立ち向かってゆく。果たして彼女は誕生日を乗り越え“明日”を迎えられるのか……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年7月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ハッピー・デス・デイ」

2019年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ハッピー・デス・デイ」