男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

転がるビー玉

  • ころがるびーだま
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    60.7点(18人)

  • 観たひと

    31

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019/1/31
上映時間 94分
製作会社 製作:「転がるビー玉」製作委員会 制作:Vandalism
配給 「転がるビー玉」製作委員会
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督宇賀那健一 
脚本宇賀那健一 
加藤法子 
プロデューサー戸川貴詞 

キャスト

(C)「転がるビー玉」製作委員会

場面

予告編


     

解説

ファッション雑誌『NYLON JAPAN』創刊15周年プロジェクトとして製作、「魔法少年☆ワイルドバージン」の宇賀那健一が監督した青春ドラマ。渋谷の片隅で夢を追い共同生活する愛、瑞穂、恵梨香の3人だったが、再開発により家が取り壊されることになり……。「十二人の死にたい子どもたち」の吉川愛、「お嬢ちゃん」の萩原みのり、元・欅坂46の今泉佑唯が、絶え間なく変化する渋谷でささやかな日常を過ごす3人の女性を演じる。2020年1月31日よりホワイト シネクイント(渋谷)先行公開、2月7日より全国順次公開。

あらすじ

再開発が進む渋谷。愛(吉川愛)、瑞穂(萩原みのり)、恵梨香(今泉佑唯)の三人は、そんな渋谷の片隅に立つ、床が少し傾いたような家で共同生活をしながら、夢を追い求めている。悩み、もがき、飲んで、愚痴って、笑っては、泣いた。彼女たちが手に入れたのは、宝石なんかではなく、何かしらで紛れ込んだ一つの欠けたビー玉だった。そんな中、街の再開発で家の取壊しが決定し、部屋の立ち退き勧告が通達される……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「転がるビー玉」

2020年2月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「転がるビー玉」