男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場

  • あんのうんそるじゃーえいゆうなきせんじょう
  • TUNTEMATON SOTILAS
  • UNKNOWN SOLDIER
  • 平均評点

    73.7点(105人)

  • 観たひと

    144

  • 観たいひと

    18

  • レビューの数

    23

基本情報

ジャンル アクション / 戦争 / ドラマ
製作国 フィンランド
製作年 2017
公開年月日 2019/6/22
上映時間 132分
製作会社
配給 彩プロ
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) ELOKUVAOSAKEYHTIO SUOMI 2017

解説

フィンランド映画史上最高動員を記録した戦争アクション。小説『無名戦士』3度目の映画化。第二次世界大戦中の1941年から44年にかけて、フィンランドとソ連の間で起こった継続戦争。兵士たちはそれぞれ守りたいもののために、壮絶な戦いに身を投じる。監督は、「4月の涙」のアク・ロウヒミエス。

あらすじ

1939年から40年にかけてソ連によるフィンランドへの侵略“冬戦争”が戦われ、フィンランドは敗れた。1941年にドイツがソ連へ侵攻したのに呼応して、フィンランドはソ連との戦争を再開。それから1944年にかけて戦われた戦争を“継続戦争”と呼ぶ。この戦争に参加した一機関銃中隊に配属された熟練兵ロッカ(エーロ・アホ)は家族と農業を営んでいたが、冬戦争でその土地をソ連に奪われ、領土を取り戻し元の畑を耕したいと願っている。婚約者をヘルシンキに残して最前線で戦うカリルオト(ヨハンネス・ホロパイネン)は、ヘルシンキで式を挙げてすぐに戦場へとんぼ返りする。そのほか、戦場でも純粋な心を失わないヒエタネン(アク・ヒルヴィニエミ)、中隊を最後まで指揮するコスケラ(ジュシ・ヴァタネン)らが壮絶な戦いに身を投じていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年8月下旬号

読者の映画評:「アンノウン・ソルジャー」川村揚一/「新聞記者」志村秀人/「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」坂田未希子

2019年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場」

REVIEW 日本映画&外国映画:「アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場」