男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ビル・エヴァンス タイム・リメンバード

  • びるえばんすたいむりめんばーど
  • TIME REMEMBERED: LIFE & MUSIC OF BILL EVANS
  • TIME REMEMBERED: LIFE & MUSIC OF BILL EVANS
  • 平均評点

    74.4点(91人)

  • 観たひと

    135

  • 観たいひと

    38

  • レビューの数

    23

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 伝記
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2019/4/27
上映時間 84分
製作会社
配給 オンリー・ハーツ
レイティング
アスペクト比 4:3
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2015 Bruce Spiegel

場面

予告編


     

解説

数々の名盤を残し、後世にも大きく影響を与えたジャズ・ピアニスト、ビル・エヴァンスの軌跡を追ったドキュメンタリー。その出自、キャリアのスタートから死の間際までを、盟友たちの貴重な証言や写真、演奏シーンを交えて構成、苦悩に満ちた51年の生涯を辿る。出演は、ジャック・ディジョネットやジョン・ヘンドリックス、トニー・ベネットといったエヴァンスと同時代に活躍したジャズマンたち。本作制作中に亡くなったポール・モチアンやジム・ホール、ボブ・ブルックマイヤー、ビリー・テイラーの姿も収められている。

あらすじ

1929年生まれのビル・エヴァンスは、58年にマイルス・デイヴィスのバンドに加入、ジャズ史に大きな影響を与えたアルバム『カインド・オブ・ブルー』に参加する。59年、ドラマーのポール・モチアンとベーシストのスコット・ラファロをメンバーに迎え、ピアノトリオを結成。61年、歴史に残る名盤『ワルツ・フォー・デビイ』を制作するが、その直後、スコット・ラファロが事故死してしまう……。現在まで公にされていなかったエヴァンス自身の音楽への想いや、『ワルツ・フォー・デビイ』のモデルとなった姪のデビイら肉親たちから見た素顔の姿、その生涯を通じて苦しめられてきた薬物依存等、エヴァンスの人生を垣間見るような証言の数々と、貴重なエヴァンスの演奏シーンを収録。

関連するキネマ旬報の記事

2019年5月上・下旬合併号

UPCOMING 新作紹介:「ビル・エヴァンス タイム・リメンバード」

2019年4月下旬号

試写室:「ビル・エヴァンス タイム・リメンバード」