男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

聖なる泉の少女

  • せいなるいずみのしょうじょ
  • ნამე
  • NAMME
  • 平均評点

    72.9点(22人)

  • 観たひと

    29

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ファンタジー / ヒューマン / ドラマ
製作国 ジョージア=リトアニア
製作年 2017
公開年月日 2019/8/24
上映時間 91分
製作会社
配給 パンドラ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2017 BAFIS, UAB Tremora

場面

予告編


     

解説

ジョージアのアチャラ地域に口承で伝わる物語を基にし、2018年アカデミー賞外国語映画賞ジョージア代表作品に選出された人間ドラマ。人々の心身を癒してきた聖なる泉を守る一家。老いた父は娘ナメに務めを継がせようとしナメが思い悩む中、泉に異変が起きる。監督は、本作の舞台となったジョージアのアチャラ地方にある都市に生まれ、映画制作の一方でバトゥミ芸術大学で教鞭を執るザザ・ハルヴァシ。第30回東京国際映画祭コンペティション部門正式出品作品(映画祭題「泉の少女ナーメ」)。

あらすじ

ジョージア(グルジア)の南西部にある、トルコと国境を接したアチャラ地方の山深い村。ここには古くから人々の心身の傷を癒してきた聖なる泉がある。代々この泉を守り、水による治療を司ってきた一家がおり、今は父親が儀礼を行っている。しかし三人の息子は、キリスト教の一派・ジョージア正教の神父、イスラム教の聖職者、無神論の科学者と、それぞれ異なる道に進んでいった。年老いた父親は一家の使命を娘のツィナメ(愛称ナメ)に継がせようとするが、ナメはその宿命に思い悩む。村を訪れた青年に淡い恋心を抱き、他の娘のように自由に生きることに憧れるナメ。一方、川の上流に水力発電所が建設され少しずつ山の水に影響を及ぼし、父とナメは泉の変化に気付く。

関連するキネマ旬報の記事

2019年9月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「聖なる泉の少女」

REVIEW 日本映画&外国映画:「聖なる泉の少女」