男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ガルヴェストン

  • がるべすとん
  • GALVESTON
  • GALVESTON
  • 平均評点

    72.3点(116人)

  • 観たひと

    156

  • 観たいひと

    36

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル アクション / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019/5/17
上映時間 91分
製作会社
配給 クロックワークス
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督メラニー・ロラン 
脚本ニック・ピゾラット 
原作ニック・ピゾラット:(『逃亡のガルヴェストン』(早川書房刊))

キャスト

COPYLIGHT 2018 EMERALD SHORES LLC – ALL RIGHTS RESERVED

予告編


     

解説

ニック・ピゾラットの犯罪小説『逃亡のガルヴェストン』を「マレフィセント」のエル・ファニング、「インフェルノ」のベン・フォスター主演で映画化。病に冒された殺し屋ロイは、彼を切り捨てた組織に反旗を翻し、傷ついた娼婦ロッキーを連れて逃避行に出る。監督は、「イングロリアス・バスターズ」などに出演する女優メラニー・ロラン。出演は、ドラマ『リバーデイル』のリリ・ラインハート、「それでも夜は明ける」のアデペロ・オデュイエ、「ファミリー・ツリー」のボー・ブリッジス。

あらすじ

故郷を捨て裏社会で生きてきたロイ(ベン・フォスター)は、ボスの勧めで病院へ行く。そこで、白く靄がかかった自分の肺のレントゲン写真を見せられ、命の終わりが近いことを悟った彼は、死への恐怖に追い込まれ、苛立ちを募らせていく。ある夜、いつものようにボスに命じられるまま“仕事先”へ向かったロイは、突然何者かに襲われる。組織に切り捨てられたことを知ると、とっさに相手を撃ち殺し、その場に囚われていた若い女(エル・ファニング)を連れて逃げる。ロッキーと名乗る女は、家を飛び出し、行くあてもなく身体を売って生きてきたという。組織から追われる身となった二人は、果てなき逃避行に旅立つ……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年6月上旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ガルヴェストン」

2019年5月上・下旬合併号

UPCOMING 新作紹介:「ガルヴェストン」