男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アラフォーの挑戦 アメリカへ

  • あらふぉーのちょうせんあめりかへ
  • ----
  • WAKE UP IN AMERICA
  • 平均評点

    70.0点(2人)

  • 観たひと

    2

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / ヒューマン
製作国 日本=アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019/4/6
上映時間 93分
製作会社 アラフォー・フィルムパートナーズ(制作:ASAHI HOLLYWOOD PRODUCTION=フィルムヴォイス)
配給 フイルムヴォイス
レイティング
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督すずきじゅんいち 
構成小林由加子 
製作総指揮Yukari Johnston 
鈴木隆一 
共同総指揮武田恵子 
企画青井ゆかり 
プロデューサー青井ゆかり 
すずきじゅんいち 
撮影監督金谷宏二 
音楽田熊理秀 
録音齋藤泰陽 
編集小林由加子 
フルート演奏岩下しのぶ 

キャスト

(C)アラフォー・フィルムパートナーズ

場面

予告編


     

解説

結婚や仕事など様々な悩みを抱える37歳の女優・松下恵が、海外ホームステイに挑戦する姿を追ったドキュメンタリー。LA郊外で英語を学びながら、多様な価値観に触れるなか、年齢で人物を差別しない米国の発想を知り、新たな一歩を踏み出す心の変化を見つめる。監督は「マリリンに逢いたい」「クロスロード」のすずきじゅんいち。撮影監督を「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1995)」の金谷宏二が務める。

あらすじ

1993年、TVドラマ『課長さんの厄年』で萩原健一の娘役でドラマデビューを果たし、1997年「秋桜(コスモス)」で映画初出演、初主役、その後も舞台やCM、ドラマ、映画などで活動を続けている女優・松下恵。2018年、37歳となった彼女は仕事も決して順調とはいえず結婚したいと日々思ってはいるが、相手がいない。私の人生、これでいいのだろうかと思い悩むなか、実家を離れ海外ホームステイを決意。アメリカ、ロサンゼルス郊外のアーバインへと旅立つ。英語を学び、様々な人と出会い、多様な価値観に触れながら、やがて新たな一歩を踏み出してゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「アラフォーの挑戦 アメリカへ」

REVIEW 日本映画&外国映画:「アラフォーの挑戦 アメリカへ」