男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

アマンダと僕

  • あまんだとぼく
  • AMANDA
  • AMANDA
  • 平均評点

    75.4点(293人)

  • 観たひと

    417

  • 観たいひと

    60

  • レビューの数

    60

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 フランス
製作年 2018
公開年月日 2019/6/22
上映時間 107分
製作会社
配給 ビターズ・エンド
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA

解説

第31回東京国際映画祭で東京グランプリと最優秀脚本賞をダブル受賞したドラマ。突然の事故で姉を亡くした青年ダヴィッドは、身寄りのない姪アマンダの世話を引き受けることになる。消えない悲しみを抱えながらも、2人は次第に絆を芽生えさせてゆくが……。主演は本作でセザール賞主演男優賞候補となった注目の若手俳優ヴァンサン・ラコスト。アマンダ役のイゾール・ミュルトリエは、ミカエル・アース監督に見出され、本作でスクリーンデビュー。

あらすじ

夏の日差し溢れるパリ。便利屋業として働く青年ダヴィッド(ヴァンサン・ラコスト)は、美しい女性レナ(ステイシー・マーティン)と出会い、恋に落ちる。穏やかで幸せな生活を送っていたある日、突然の悲劇でダヴィッドの姉が死亡。悲しみに暮れるダヴィッドは、独りぼっちになってしまった姉の娘アマンダ(イゾール・ミュルトリエ)の世話を引き受けることに……。親代わりとして接しようとするが、まだ若いダヴィッドには荷が重く、戸惑いを隠せない。アマンダも、母親を失ったことをなかなか受け入れられずにいた。互いに不器用で、その姿は見ていてもどかしく、しかし愛おしい。必死に逞しく生きようとするアマンダ。彼女と共に過ごすことで、次第に自分を取り戻していくダヴィッド。悲しみを抱えながらも、2人の間には少しずつ絆が芽生え始めるが……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年7月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「アマンダと僕」

2019年7月上旬号

「アマンダと僕」:インタビュー ミカエル・アース[監督]

「アマンダと僕」:エッセイ

UPCOMING 新作紹介:「アマンダと僕」

2018年12月下旬号

読者の映画評:「止められるか、俺たちを」吉田伴内/「華氏119」原田隆司/「アマンダ」田中敏巳