男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

バハールの涙

  • ばはーるのなみだ
  • LES FILLES DU SOLEIL
  • GIRLS OF THE SUN
  • 平均評点

    80.1点(127人)

  • 観たひと

    173

  • 観たいひと

    70

  • レビューの数

    35

基本情報

ジャンル 戦争 / ヒューマン / ドラマ
製作国 フランス=ベルギー=ジョージア=スイス
製作年 2018
公開年月日 2019/1/19
上映時間 111分
製作会社
配給 コムストック・グループ=ツイン(配給協力:REGENTS)
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2018 - Maneki Films - Wild Bunch - Arches Films - Gapbusters - 20 Steps Productions - RTBF (Télévision belge)

場面

予告編


     

解説

「パターソン」のゴルシフテ・ファラハニ主演によるヒューマンドラマ。愛する息子をISに拉致され途方に暮れる女弁護士バハール。数ヶ月後、息子を救出するため、女性武装部隊“太陽の女たち”のリーダーとなった彼女は、戦場へ向かい最前線でISと戦い始める。共演は「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」のエマニュエル・ベルコ。監督・脚本は『青い欲動』のエヴァ・ウッソン。

あらすじ

クルド人女性弁護士のバハール(ゴルシフテ・ファラハニ)は、愛する夫と息子と共に幸せに暮らしていた。だがある日、クルド人自治区の故郷の町でIS《イスラミックステート》の襲撃を受け、男性が皆殺されてしまう。数ヶ月後、バハールは捕虜となった息子を取り戻すため、クルド人女性武装部隊“太陽の女たち”のリーダーとなり、戦闘の最前線にいた。そんななか、バハールは同じく小さな娘と離れ、戦地で取材を続ける片眼の戦場記者マチルド(エマニュエル・ベルコ)と出会う……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年2月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「バハールの涙」

2019年1月下旬新春特別号

UPCOMING 新作紹介:「バハールの涙」

2018年12月上旬号

映画評論家に聞く 本当におススメの2019年正月映画:「蜘蛛の巣を払う女」「バハールの涙」「メリー・ポピンズ リターンズ」