男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

Girl/ガール

  • がーる
  • GIRL
  • GIRL
  • 平均評点

    75.4点(244人)

  • 観たひと

    335

  • 観たいひと

    48

  • レビューの数

    47

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ベルギー
製作年 2018
公開年月日 2019/7/5
上映時間 105分
製作会社
配給 クロックワークス=STAR CHANNEL MOVIES
レイティング PG-12
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) Menuet 2018

解説

バレリーナを目指すトランスジェンダーの少女の苦悩を描いたドラマ。2018年のカンヌ国際映画祭カメラドール受賞作。バレリーナを夢見る15歳の少女ララは、男の体に生まれてきたトランスジェンダーでありながら、難関のバレエ学校に入学するが……。主演は現役のトップダンサーとして活躍するビクトール・ポルスター。これが映画初出演となる。ベルギー期待の新星ルーカス・ドンが、本作で長編監督デビュー。

あらすじ

15歳のララ(ビクトール・ポルスター)の夢はバレリーナになること。だが、それは簡単なことではなかった。彼女は男の体に生まれてきたからだ。それでも強い意志と才能、娘の夢を全力で応援する父マティアス(アリエ・ワルトアルテ)に支えられ、難関のバレエ学校への入学を認められる。夢を実現するため、毎日厳しいレッスンを受け、血のにじむような努力を重ねるララ。ところが、初めての舞台公演が迫る中、思春期の身体の変化による思い通りに動けなくなることへの焦り、ライバルからの心ない嫉妬により、彼女の心と体は追い詰められていく……。夢に向かって刹那的に今を生きるララと、今にも壊れてしまいそうな娘を必死に支える父。交錯した2人の想いが辿り着く先に待つものは……?

関連するキネマ旬報の記事

2019年7月下旬号

「Girl/ガール:インタビュー ルーカス・ドン[監督・脚本]

「Girl/ガール」:批評

UPCOMING 新作紹介:「Girl/ガール」

REVIEW 日本映画&外国映画:「Girl/ガール」