男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

誰もがそれを知っている

  • だれもがそれをしっている
  • TODOS LO SABEN
  • EVERYBODY KNOWS
  • 平均評点

    75.5点(163人)

  • 観たひと

    219

  • 観たいひと

    53

  • レビューの数

    42

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 スペイン=フランス=イタリア
製作年 2018
公開年月日 2019/6/1
上映時間 133分
製作会社
配給 ロングライド
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2018 MEMENTO FILMS PRODUCTION - MORENA FILMS SL - LUCKY RED - FRANCE 3 CINÉMA - UNTITLED FILMS A.I.E.

場面

予告編


     

解説

「別離」「セールスマン」のアスガー・ファルハディ監督が、ペネロペ・クルスとハビエル・バルデムを主演に迎えたサスペンス。スペインの故郷で久々に再会したラウラの家族と幼なじみ。しかし、結婚式で起きた娘の失踪をきっかけに、家族の秘密と嘘が綻び始める。共演は「しあわせな人生の選択」のリカルド・ダリン、「マジカル・ガール」のバルバラ・レニー。撮影監督は「エル・スール」「ボルベール 帰郷」のホセ・ルイス・アルカイネ。

あらすじ

アルゼンチンに暮らしているラウラ(ペネロペ・クルス)は、妹の結婚式のため故郷スペインに帰省し、ワイン業を営む幼なじみのパコ(ハビエル・バルデム)や家族との再会を果たす。だが、その喜びも束の間、結婚式の後に催されたパーティーの最中、ラウラの娘イレーネが行方不明となり、やがて何者かから巨額の身代金を要求するメッセージが届く。絶望のどん底に突き落とされるラウラ。そんななか、パコは時間稼ぎに奔走し、ラウラの夫(リカルド・ダリン)もアルゼンチンから駆けつけるが、疑心暗鬼に陥った家族の内に長年隠されていた秘密が露わになっていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年6月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「誰もがそれを知っている」

2019年6月上旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「誰もがそれを知っている」