男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

バジュランギおじさんと、小さな迷子

  • ばじゅらんぎおじさんとちいさなまいご
  • BAJRANGI BHAIJAAN
  • BROTHER BAJRANGI
  • 平均評点

    84.2点(299人)

  • 観たひと

    396

  • 観たいひと

    118

  • レビューの数

    66

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 インド
製作年 2015
公開年月日 2019/1/18
上映時間 159分
製作会社
配給 SPACEBOX
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)Eros international all rights reserved. (C)SKF all rights reserved.

予告編


     

解説

インド映画として世界興収歴代3位を記録したヒット作。パキスタンの小さな村に暮らす少女シャヒーダーは、母親と一緒にインドのイスラム寺院を訪れるが、帰り道で迷子になってしまう。困り果てた彼女は、ヒンドゥー教の熱心な信者パワンと出会うが……。出演は「タイガー~伝説のスパイ~」のサルマーン・カーン、インドの人気子役ハルシャーリー・マルホートラ。監督は「タイガー~伝説のスパイ~」のカビール・カーン。

あらすじ

パキスタンの小さな村。幼い頃から声が出せない障害を持つ女の子シャヒーダー(ハルシャーリー・マルホートラ)は、心配したお母さんと一緒に、インドのイスラム寺院に願掛けに行く。ところがその帰り道、1人でインドに取り残されてしまう。困り果てたシャヒーダーが出会ったのは、ヒンドゥー教のハヌマーン神の熱烈な信者、パワン(サルマーン・カーン)だった。バカがつくほどの正直者で、お人好しなパワンは、これもハヌマーンの思し召しと、母親とはぐれたシャヒーダーを預かることに。ところがある日、彼女がパキスタンのイスラム教徒と知ってビックリ。インドとパキスタンは、歴史や宗教、経済など、様々な点で激しく対立していたからだ。パワンは、パスポートもビザも持たないシャヒーダーを、国境を越えて家に送り届けることを決意。果たしてシャヒーダーは、無事に母親と再会できるのか……?

関連するキネマ旬報の記事

2019年2月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「バジュランギおじさんと、小さな迷子」

2019年1月下旬新春特別号

UPCOMING 新作紹介:「バジュランギおじさんと、小さな迷子」

2018年12月上旬号

映画評論家に聞く 本当におススメの2019年正月映画:「迫り来る嵐」「22年目の記憶」「バジュランギおじさんと、小さな迷子」