男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

いつか家族に

  • いつかかぞくに
  • 허삼관
  • CHRONICLE OF A BLOOD MERCHANT
  • 平均評点

    74.0点(29人)

  • 観たひと

    40

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 韓国
製作年 2015
公開年月日 2018/12/22
上映時間 124分
製作会社
配給 ファインフィルムズ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督ハ・ジョンウ 
脚本キム・ジュホ 
ハ・ジョンウ 
原作余華:(『血を売る男』(河出書房新社))

キャスト

出演ハ・ジョンウ Heo Sam-Gwan
ハ・ジウォン Heo Ok-Ran
チョ・ジヌン Mr. An
ユン・ウネ Im Boon-Bang

(C)2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & DHUTA. All Rights Reserved

場面

予告編


     

解説

中国の作家、余華原作『血を売る男』の舞台を韓国に移して映画化。朝鮮戦争後、現場仕事で生計を立てるサムグァンは、ポップコーン売りのオンナンに一目惚れし、結婚する。3人の子宝に恵まれ幸せに暮らしていたが、長男が他人の子ではないかと噂が流れ……。監督・主演は、「1987、ある闘いの真実」のハ・ジョンウ、「マンハント」のハ・ジウォン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、ドラマ『コーヒープリンス1号店』のユン・ウネ。第17回ハワイ国際映画祭スプリングショーケース出品、第26回フィレンツェ韓国映画祭出品、第8回沖縄国際映画祭特別招待作品。

あらすじ

朝鮮戦争の終戦直後の1953年、現場仕事で生計を立てているサムグァン(ハ・ジョンウ)は、ポップコーン売りの美しいオンナン(ハ・ジウォン)に一目惚れする。サムグァンは彼女には羽振りのいい恋人がいると知りながらもプロポーズし、オンナンの父親を説得して2人は結ばれる。利発な長男イルラクをはじめ3人の子宝にも恵まれ、貧しいながらも幸せに暮らしていたが、11年間育てたイルラクが他人の子ではないかという噂が流れる。サムグァンは疑いを晴らすべく血液検査を受けさせ、その結果、他人の子であることが判明する。サムグァンは事実を受け入れられず苦しむが、イルラクはサムグァンを父と慕い続ける。そんなある日、イルラクが病気で倒れる。サムグァンは彼を救うため、自らの血と引き換えに金策に奔走する。

関連するキネマ旬報の記事

2019年1月上旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「いつか家族に」

2018年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「いつか家族に」

2018年12月上旬号

試写室:「いつか家族に」