男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

永遠の門 ゴッホの見た未来

  • えいえんのもんごっほのみたみらい
  • AT ETERNITY'S GATE
  • AT ETERNITY'S GATE
  • 平均評点

    71.1点(210人)

  • 観たひと

    305

  • 観たいひと

    53

  • レビューの数

    44

基本情報

ジャンル 伝記 / アート / ドラマ
製作国 アメリカ=イギリス=フランス
製作年 2018
公開年月日 2019/11/8
上映時間 111分
製作会社
配給 ギャガ=松竹(提供:ギャガ=松竹)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) Walk Home Productions LLC 2018

解説

ウィレム・デフォーが孤高の画家ゴッホを演じ第75回ヴェネチア国際映画祭男優賞を受賞した伝記ドラマ。幼い頃から精神に病を抱え周囲と人間関係を築けず常に孤独の中にあったゴッホ。誰にも理解されずとも筆を握り続けた彼が人生を通じ見つめたものとは……。「潜水服は蝶の夢を見る」で第60回カンヌ国際映画祭監督賞、第65回ゴールデングローブ賞監督賞を受賞したほか、新表現主義の画家としても著名なジュリアン・シュナーベル監督が、ポスト印象派を代表するフィンセント・ファン・ゴッホの強烈な人生を描く。ウィレム・デフォーは本作により第91回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

あらすじ

フィンセント・ファン・ゴッホ(ウィレム・デフォー)は幼少期から精神に病を抱え、まともな人間関係を築けずに常に孤独の中にあった。そんな彼が唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャン(オスカー・アイザック)と共同生活をはじめるが、それもゴッホが起こした事件により幕を閉じる。誰からも理解されずとも、自分が見た美しい世界を永遠に残そうと筆を握り続け、不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家ゴッホ。彼が自らの人生を通し、見つめたものとは……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年4月上旬号

読者の映画評:「リンドグレーン」小倉泰夫/「AI崩壊」グルーチョ・中井/「永遠の門 ゴッホの見た未来」須田総一郎

2019年11月下旬号

「永遠の門 ゴッホの見た未来」:インタビュー ジュリアン・シュナーベル[監督・脚本]

「永遠の門 ゴッホの見た未来」:インタビュー ジャン=クロード・カリエール[共同脚本]

「永遠の門 ゴッホの見た未来」:作品評

UPCOMING 新作紹介:「永遠の門 ゴッホの見た未来」

REVIEW 日本映画&外国映画:「永遠の門 ゴッホの見た未来」