男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

モンテ・ウォルシュ

  • もんてうぉるしゅ
  • Monte Walsh
  • ----

amazon


  • 平均評点

    64.7点(45人)

  • 観たひと

    84

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1970
公開年月日 1970/11/25
上映時間 0分
製作会社 CCFプロ作品
配給 東和
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

文明の波が西部に押しよせ、花形だったガンマンやカウボーイたちは哀れな末路を辿る。製作はハル・ランダースとボビー・ロバーツ、監督は「ローズマリーの赤ちゃん」のカメラマンだったウィリアム・A・フレイカー第一作。「シェーン」の原作者ジャック・シェーファーの同名小説をルーカス・ヘラー、デイヴィッド・ツェラグ・グッドマンが脚色、撮影デイヴィッド・M・ウォルシュ、音楽は「真夜中のカーボーイ」のジョン・バリーが担当。出演は「ペンチャー・ワゴン」のリー・マーヴィン、「黒衣の花嫁」のジャンヌ・モロー、「プロフェッショナル」のジャック・パランス、新人ミッチ・ライアン、ジム・デイヴィス、アリン・アン・マクレリー、マット・クラーク、ビリー・グリーン・ブッシュなど。テクニカラー、パナビジョン。1970年作品。

あらすじ

西部開拓時代も終わりに近い春、2人のガンマン、モンテ・ウォルシュ(リー・マーヴィン)とチェット(ジャック・バランス)が埃っぽい牧畜の町ハーモニーに現れた。2人はY牧場主ブレナン(ジム・デイヴィス)を訪ねたが、牧場は東部の大企業の手に渡り、ブレナンは持ち主でなかった。しかし、2人は雇われた。モンテは昔の恋人で町のミュージックホールの花形マルチーヌ(ジャンヌ・モロー)と縒りを戻し、チェットは金物屋の後家メリー(アリン・アン・マクレリー)と恋を囁き出す。しかし、時代の流れは厳しく、この稼業もさきが見え、若者ショーティ(ミッチ・ライアン)は首になる。チェットも足を洗ってメリーと結婚すると言い出す。ある夜、ミュージックホールでショーティは仕事にアブれていたルーファス(マット・クラーク)うパウダー(ビリー・グリーン・ブッシュ)とヤケ酒を飲み、ルーファスたちをお尋ね者として追ってきた連邦保安官を射ち殺し、無法者と堕ちていく。チェットの結婚パーティーもさえなかった。マルチーヌはモンテの願いも空しく遠くの町へ移っていった。彼女は酔いどれの半病人で、心配したモンテは結婚話をきり出すが、マルチーヌはここでいつまでも待つと言った。帰り道、サーカスの中に牧場から売られた荒れ馬を見つけて乗りこなし、団長がその手綱さばきに惚れて入団を誘うが、色鮮やかなコスチュームを着て乗馬芸をみせる自分を想像し、ウンザリしてモンテは断った。無頼になったショーティ一味が牧場から牛を盗んだ。モンテはルーファスを射殺し、ショーティは昔のよしみで許してやる。ところが彼はパウダーと組み、チェットの金物屋を襲う。チェットはパウダーをブチ殺すが射ち殺される。これがかつての仲間のナレの果てであった。モンテはすぐ追ったが、同時にマルチーヌが重態だと聞き、町へ向かった。が、時遅く彼女は結婚資金をためた小さなカンを残して死んでいた。悲しむ彼の耳にショーティの声が聞こえた。彼はモンテが必ずここに来るとにらんでいたのだ。凄まじいガンファイト。モンテの愛する女も昔の仲間もすべて去った。そして西部の荒野さえも--。(東和配給*1時間38分)

関連するキネマ旬報の記事

1971年1月上旬新年特別号

映画批評:モンテ・ウォルシュ

1970年12月上旬号

外国映画紹介:モンテ・ウォルシュ

1970年11月下旬号

旬報試写室:モンテ・ウォルシュ