男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

jam

  • じゃむ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    65.4点(9人)

  • 観たひと

    17

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2018/12/1
上映時間 102分
製作会社
配給 LDH PICTURES
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督SABU 
脚本SABU 
エグゼクティブプロデューサーEXILE HIRO 
プロデューサー宮崎聡 
清水洋一 
中林千賀子 
小河原修 
江良圭 
撮影柳田裕男 
美術林チナ 
装飾須坂文昭 
音楽松本淳一 
録音飴田秀彦 
照明宮尾康史 
編集SABU 
衣装小磯和代 
メイク橋本申二 
キャスティング東平七奈 
アソシエイトプロデューサー秋山真太郎 
製作担当板井茂樹 
助監督石川浩之 
湯本信一 
VFX小坂一順 
特殊造形中田彰輝 
ガン・エフェクト遊佐和寿 
アクション小池達朗 

キャスト

(C)2018「jam」製作委員会

場面

予告編


     

解説

「たたら侍」の青柳翔を始め、劇団EXILEのメンバーが総出演する「うさぎドロップ」のSABU監督作。ファンに監禁された演歌歌手ヒロシ、瀕死の重傷を負った彼女の意識回復を望むタケル、復讐のため組事務所に殴り込みをかけるテツオ。3人の男たちの運命を追う。共演は「OVER DRIVE オーバードライブ」の町田啓太、「リベンジgirl」の鈴木伸之、「淵に立つ」の筒井真理子。第31回東京国際映画祭特別招待作品。

あらすじ

熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えている場末のアイドル演歌歌手ヒロシ(青柳翔)。ある日のコンサート終わり、ファンの一人・雅子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の暴挙に巻き込まれて、ヒロシは彼女の自宅に監禁されてしまう……。一方、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを望むタケル(町田啓太)。善いこと=貯金をすれば彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きるタケルだったが……。そして、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)は、自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を果たそうと、組の事務所に単身殴り込みをかける……。そんな3人の物語が同じ時間、同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の“因果応報”が巡り巡ってゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「jam」

2018年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「jam」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.22 中島健人「ニセコイ」

Special Talk Session 3×3~三つの作品を巡る三つの鼎談:青柳翔×町田啓太×鈴木伸之「jam」