男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ライ麦畑で出会ったら

  • らいむぎばたけでであったら
  • COMING THROUGH THE RYE
  • COMING THROUGH THE RYE
  • 平均評点

    74.3点(55人)

  • 観たひと

    75

  • 観たいひと

    47

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル 青春 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2018/10/27
上映時間 97分
製作会社
配給 東北新社=STAR CHANNEL MOVIES
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2015 COMING THROUGH THE RYE, LLC ALL RIGHTS RESERVED

場面

予告編


     

解説

多数の国際映画祭で受賞した青春映画。1969年、米国ペンシルバニア州。さえない高校生ジェイミーは小説『ライ麦畑で捕まえて』の舞台化を思いつく。許可を得るため作者のサリンジャーを探すが、居所がつかめない。そんな中、学校である事件が発生し……。監督は、本作が長編デビュー作となるジェームズ・サドウィズ。出演は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のアレックス・ウルフ、「ラブリーボーン」のステファニア・オーウェン、「アダプテーション」のクリス・クーパー。

あらすじ

1969年のアメリカ・ペンシルベニア州。学校一さえない高校生のジェイミー(アレックス・ウルフ)は周囲ともなじめず、孤独な学生生活を送っていた。ある日、若者のバイブルだった小説『ライ麦畑でつかまえて』に感銘を受けたジェイミーは、演劇として脚色することを思いつく。舞台化には作者であるJ.D.サリンジャーの許可が必要だと知るが、隠遁生活をするサリンジャーの居所はつかめず、連絡が取れない。そんな中、学校で起こったある事件により寮を飛び出したジェイミーは、演劇サークルで出会った少女ディーディー(ステファニア・オーウェン)とともにサリンジャーを探す旅に出る。新たな一歩を踏み出したジェイミーは、ある“人生のヒント”を見つける……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年11月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ライ麦畑で出会ったら」

2018年11月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ライ麦畑で出会ったら」