男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

それだけが、僕の世界

  • それだけがぼくのせかい
  • 그것만이 내 세상
  • KEYS TO THE HEART
  • 平均評点

    79.1点(119人)

  • 観たひと

    163

  • 観たいひと

    53

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 韓国
製作年 2018
公開年月日 2018/12/28
上映時間 120分
製作会社
配給 ツイン
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

場面

予告編


     

解説

イ・ビョンホンが落ちぶれた中年ボクサーを演じるヒューマンドラマ。自らの拳だけを信じ、孤独に生きてきた元プロボクサーのジョハ。ある日、17年ぶりに母と再会した彼は、サヴァン症候群を患う弟ジンテの存在を初めて知り、3人で暮らすことになるのだが……。共演は「太陽を撃て」のパク・ジョンミン、「チャンス商会 初恋を探して」のユン・ヨジョン。監督は「王の涙 イ・サンの決断」の脚本を手がけたチェ・ソンヒョン。

あらすじ

かつては、東洋チャンピオンにまでのぼり詰めた元プロボクサーのジョハ(イ・ビョンホン)。だが40歳を過ぎた今は見る影もなく落ちぶれ、定職も住む場所もなく、その日暮らしを送っている。彼が少年の頃、母は家を出ていき、父は刑務所へ。そんな孤独の中で自分の拳だけを頼りに生きてきたジョハは、ある日17年ぶりに母親(ユン・ヨジョン)と再会するが、サヴァン症候群を患う弟ジンテ(パク・ジョンミン)の存在を初めて知る。母の家に転がり込んだジョハは、彼女が不在の間、天才的なピアノの腕を持つジンテが著名なコンテストに出られるよう世話をして欲しいという母の頼みを受け入れ、弟の面倒を見ることになるが……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年1月下旬新春特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「それだけが、僕の世界」

2019年1月上旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「それだけが、僕の世界」