男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エリック・クラプトン 12小節の人生

  • えりっくくらぷとんじゅうにしょうせつのじんせい
  • ERIC CLAPTON: LIFE IN 12 BARS
  • ERIC CLAPTON: LIFE IN 12 BARS
  • 平均評点

    75.3点(124人)

  • 観たひと

    175

  • 観たいひと

    31

  • レビューの数

    20

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 伝記
製作国 イギリス
製作年 2017
公開年月日 2018/11/23
上映時間 135分
製作会社
配給 ポニーキャニオン=STAR CHANNEL MOVIES
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)BUSHBRANCH FILMS LTD 2017

予告編


     

解説

エリック・クラプトンの波乱に満ちた壮絶な人生に迫る音楽ドキュメンタリー。G・ハリスンやJ・ヘンドリックス、B.B.キングなど豪華アーティストの貴重なアーカイブ映像や、本人のナレーションによるバンド時代を含む未発表の映像などでその軌跡を辿る。監督は、「ドライビング・MISS・デイジー」をプロデュースしたリリー・フィニー・ザナック。

あらすじ

グラミー賞を18回受賞し、長年音楽界を牽引し続けるミュージシャン、エリック・クラプトンの波乱に満ちた壮絶な人生に迫る。お金や名声よりも音楽性を優先し、愚直なまでにブルースに身を捧げてきた彼だが、私生活では欲望と愛情、快楽と幸せの区別もつかないまま、いつも“何か”を探して彷徨い続けてきた。少年時代には母親に拒絶され、共にギターの腕を競い合った仲間たちも失った。親友ジョージ・ハリスンの妻への恋や、ドラッグとアルコールに溺れた日々もあった。そして最愛の息子コナーの死……。天国と地獄を行きつ戻りつするような過酷で数奇に満ちた人生を経て、初めて自分の居場所を見つけた今だから振り返ることができる、音楽と愛と魂の軌跡をクラプトン自らが語る。

関連するキネマ旬報の記事

2018年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「エリック・クラプトン~12小説の人生~」

REVIEW 日本映画&外国映画:「エリック・クラプトン~12小説の人生~」