男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

運命は踊る

  • うんめいはおどる
  • FOXTROT
  • FOXTROT
  • 平均評点

    71.4点(179人)

  • 観たひと

    240

  • 観たいひと

    43

  • レビューの数

    50

基本情報

ジャンル 戦争 / ドラマ
製作国 イスラエル=ドイツ=フランス=スイス
製作年 2017
公開年月日 2018/9/29
上映時間 113分
製作会社
配給 ビターズ・エンド
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)Pola Pandora - Spiro Films - A.S.A.P. Films - Knm - Arte France Cinema – 2017

予告編


     

解説

デビュー作「レバノン」でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したサミュエル・マオズが、実体験に基づき、不条理な運命を描いたドラマ。同映画祭審査員グランプリを受賞。軍人の息子の戦死の報せを受けた夫婦。やがて、それが誤報であることが分かるが……。出演は「オオカミは嘘をつく」のリオール・アシュケナージ、「ジェリーフィッシュ」のサラ・アドラー。

あらすじ

イスラエルの大都市テルアビブのアパート。ある日、ミハエル(リオール・アシュケナージ)とダフナ(サラ・アドラー)夫妻の前に軍の役人が現れ、息子ヨナタンの戦死を伝える。ショックで気を失うダフナ。ミハエルは平静を装ったものの、役人の対応に苛立ちを覚える。ところがやがて、その報せが誤りだったことが判明。安堵するダフナとは対照的に、ミハエルは怒りをぶちまけ、息子を呼び戻すように要求する。一方、ラクダが通る検問所では、戦場でありながら戦う相手もなく、ヨナタン(ヨナタン・シライ)がどこか間延びした時間を過ごしていた。そこへ現れる若者たちを乗せた自動車。いつも通りの簡単な取り調べのはずだったが……。遠く離れたふたつの場所で、父、母、息子、3人の運命が交錯し、すれ違っていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年10月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:運命は踊る

2018年10月上旬号

「運命は踊る」:インタビュー サミュエル・マオズ[監督]

UPCOMING 新作紹介:「運命は踊る」