男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ボヘミアン・ラプソディ

  • ぼへみあんらぷそでぃ
  • BOHEMIAN RHAPSODY
  • BOHEMIAN RHAPSODY
  • 平均評点

    85.2点(3449人)

  • 観たひと

    4135

  • 観たいひと

    295

  • レビューの数

    435

基本情報

ジャンル 伝記 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2018/11/9
上映時間 135分
製作会社
配給 20世紀フォックス映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

予告編


     

解説

ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

あらすじ

レディ・ガガが“史上最高の天才エンターテイナー”と讃え、ケイティー・ペリーが“今も最も影響を受けている”と語るミュージシャン。それが伝説のバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーだ。その名を知らずとも、『ボヘミアン・ラプソディ』、『伝説のチャンピオン』、『ウィ・ウィル・ロック・ユー』といった名曲をほんのワンフレーズ耳にしただけで、たちまち誰もが心浮き立ち、歌い出さずにはいられない。いかにしてフレディは、世間の常識や既成概念に逆らい、従来の音楽を打ち破り、世界中から愛されるエンターテイナーとなったのか?なぜ愛と孤独、プレッシャーに引き裂かれたのか?そして、崩壊寸前に陥ったバンドを立て直し、永遠のレガシーを確立できた理由とは……? 20 世紀最大のチャリティコンサート“ライブ・エイド”で、音楽史に残る史上最高のパフォーマンスを披露した彼らの華やかな活躍の裏には、誰も知らない物語があった……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年3月下旬映画業界決算特別号

2018年映画業界総決算:第4章 2018年ヒット映画宣伝の舞台裏 「ボヘミアン・ラプソディ」「カメラを止めるな!」「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急究明-」 インタビュー 竹内伸治

2019年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2018年 第92回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:外国映画ベスト・テン

2018年 第92回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:読者選出外国映画ベスト・テン

2018年12月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ボヘミアン・ラプソディ」

2018年11月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ボヘミアン・ラプソディ」