男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブレス しあわせの呼吸

  • ぶれすしあわせのこきゅう
  • BREATHE
  • BREATHE
  • 平均評点

    76.9点(81人)

  • 観たひと

    110

  • 観たいひと

    44

  • レビューの数

    18

基本情報

ジャンル ラブロマンス / 伝記 / ヒューマン / ドラマ
製作国 イギリス
製作年 2017
公開年月日 2018/9/7
上映時間 118分
製作会社
配給 KADOKAWA
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved

場面

予告編


     

解説

映画プロデューサーのジョナサン・カヴェンディッシュが、ポリオに感染して首から下が完全に麻痺した父と、それを支えた母の半生を映画化。結婚して幸せな人生を歩んでいたロビンとダイアナだったが、ある日突然、出張先のナイロビでロビンが倒れる……。出演は「沈黙 -サイレンス-」のアンドリュー・ガーフィールド、「ミスティック・アイズ」のクレア・フォイ。俳優のアンディ・サーキスが本作で長編監督デビュー。

あらすじ

運命的な恋に落ち、家族や友人の祝福を受けて結婚したロビン(アンドリュー・ガーフィールド)とダイアナ(クレア・フォイ)は、最高に幸せな日々を送っていた。ところがある日、出張先のナイロビで突然、ロビンが倒れてしまう。診断結果はポリオ。首から下が完全に麻痺し、人工呼吸器なしでは息もできない。時は1959年。医師からは“余命数カ月”との宣告を受ける。英国に戻って息子が生まれながらも、絶望に沈むロビン。病院を出たいと望む夫のため、ダイアナは医師の反対を押し切って自宅での看病を決意。その彼女の決断が、ロビンの運命を大きく変えていくこととなる……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年9月下旬号

「ブレス しあわせの呼吸」:インタビュー アンディ・サーキス[監督]

「ブレス しあわせの呼吸」:作品評

UPCOMING 新作紹介:「ブレス しあわせの呼吸」

REVIEW 日本映画&外国映画:「ブレス しあわせの呼吸」