男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

妻の愛、娘の時

  • つまのあいむすめのとき
  • 相爱相亲
  • LOVE EDUCATION
  • 平均評点

    75.8点(34人)

  • 観たひと

    45

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 中国=台湾
製作年 2017
公開年月日 2018/9/1
上映時間 120分
製作会社
配給 マジックアワー
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2017 Beijing Hairun Pictures Co.,Ltd.

場面

予告編


     

解説

台湾の大女優シルヴィア・チャンが監督、脚本、主演を兼任した三世代の女性たちのドラマ。母の死を機に、両親のお墓を自宅の近所に移そうと父の故郷を訪れたフイイン。だが、父の先妻ツォンがこれに反対。そこへ、フイインの娘ウェイウェイも絡んできて……。共演は「呉清源 極みの棋譜」などで活躍する映画監督のティエン・チュアンチュアン、「ミッション:アンダーカバー」のラン・ユエティン。

あらすじ

母の死を看取ったフイイン(シルヴィア・チャン)は、久しぶりに父の故郷を訪れる。母の遺骨を父と同じ墓に入れるため、田舎にある父の墓を自宅近くに移そうとしていたのだ。だが、彼女のその思惑は、独りで父の帰りを待ち続けた先妻ツォン(ウー・イエンシュー)やツォンに同情した村人たちの激しい抵抗を受け、大きな波紋を呼ぶ。そこで、自分の母こそが本妻であると証明するため、両親の結婚証明書を手に入れようとするフイインだったが、都市開発によって役所が移転したと言われ、難航。長年務めた学校教師の定年退職も近づいていたことから、思い通りに進まない事態に、イライラを募らせていく。夫のシアオピン(ティエン・チュアンチュアン)はその様子を優しく見守り、陰ながら支えようとしていたが、ひょんなことから勤務先の自動車教習所の生徒ワンさん(レネ・リウ)との仲をフイインに疑われてしまう。一方、フイインの娘ウェイウェイ(ラン・ユエティン)はミュージシャンとして活動する恋人のアダー(ソン・ニンフォン)から、一緒に北京に行こうと誘われ、迷っていた。そんな折、ウェイウェイの職場であるテレビ局が、フイインとツォンの“お墓をめぐるトラブル”に目をつけ、取材を試みる。ツォンの元に通い、昔話を引き出しながら取材を進めるウェイウェイ。次第に2人は心を通わせるようになっていく。そしてついに、ツォンがテレビに出演する日がやって来る。過剰な演出に煽られる中、見学に訪れていたフイインもカメラの前に姿を晒され、お互いに感情のまま、想いをぶつけあう。フイイン、ウェイウェイ、ツォン。大切な人への気持ちが交錯する中、それぞれが下した決断とは……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年9月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「妻の愛、娘の時」

2018年9月上旬号

「妻の愛、娘の時」:対談 シルヴィア・チャン[監督・脚本・主演]×三島有紀子

UPCOMING 新作紹介:「妻の愛、娘の時」