男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

祝福 オラとニコデムの家

  • しゅくふくおらとにこでむのいえ
  • KOMUNIA
  • COMMUNION
  • 平均評点

    71.0点(23人)

  • 観たひと

    32

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / ヒューマン
製作国 ポーランド
製作年 2016
公開年月日 2018/6/23
上映時間 75分
製作会社
配給 ムヴィオラ
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)HBO Europe s.r.o., Wajda Studio Sp. z o.o, Otter Films Wazelkie prawa zastrzeżone. 2016

場面

予告編


     

解説

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017で大賞を受賞したドキュメンタリー。ポーランドのワルシャワ郊外で暮らす家族。母親は出て行き、14歳の少女オラが酒飲みの父親と自閉症の弟の面倒を見ている。オラの日常に寄り添いながら、少女の心の叫びを伝える。2017年ヨーロッパ映画賞最優秀ドキュメンタリー賞受賞。監督は、本作が長編第1作となるアンナ・ザメツカ。

あらすじ

ポーランド、ワルシャワ郊外の街セロックで暮らす小さな家族。母親が家を出て行ってしまい、14歳の少女オラが、酒で問題を抱える父親と自閉症の13歳の弟ニコデムの面倒を見ていた。オラを巡る現実は厳しいが、間もなく迎える弟の初聖体式が成功すれば家族がもう一度ひとつになれるのではないかと希望を抱き、献身的に立ち回る。しかし、成長と自立の兆しも見えず、姉の庇護を離れられない弟や、家庭を支える親としての自覚のない大人たちの弱さばかりが浮き彫りになる。逃げ道のないオラの日常にカメラが寄り添い、少女の心の叫びを世界に伝える。

関連するキネマ旬報の記事

2018年7月下旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「祝福~オラとニコデムの家~」

2018年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「祝福~オラとニコデムの家~」