男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

バトル・オブ・ザ・セクシーズ

  • ばとるおぶざせくしーず
  • BATTLE OF THE SEXES
  • BATTLE OF THE SEXES
  • 平均評点

    74.9点(466人)

  • 観たひと

    648

  • 観たいひと

    70

  • レビューの数

    82

基本情報

ジャンル 社会派 / 伝記 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2018/7/6
上映時間 122分
製作会社
配給 20世紀フォックス映画
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演エマ・ストーン Billie Jean King
スティーブ・カレル Bobby Riggs
サラ・シルヴァーマン Gladys Heldman
アンドレア・ライズブロー Marilyn Barnett
ビル・プルマン Jack Kramer
アラン・カミング Cuthbert 'Ted' Tinling
エリザベス・シュー Priscilla Riggs

(C)2018 Twentieth Century Fox

予告編


     

解説

エマ・ストーンとスティーヴ・カレルの共演で、女子テニス世界チャンピオンと男子の元世界チャンピオンが対決した実話を映画化。1973年、男女平等を求め、女子テニス協会を立ち上げたビリー・ジーン・キングは、元男子王者のボビー・リッグスと対決する。メガホンを取ったのは、「リトル・ミス・サンシャイン」のヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトンのコンビ。

あらすじ

1973年、世界中で9,000 万人の目を釘づけにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キング(エマ・ストーン)と、元男子チャンピオンのボビー・リッグス(スティーヴ・カレル)の対決だ。女子の優勝賞金が男子の1/8 だったこの時代、男女平等を求めたビリー・ジーンは、仲間と共にテニス協会を脱退し、“女子テニス協会”を立ち上げた。待ち受ける数々の試練に立ち向かっていたビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”として挑戦状を叩きつけたのがボビー。ギャンブル癖が原因で、最愛の妻から別れを告げられたボビーは、この試合に人生の一発逆転を賭けていた。果たして、一度は挑戦を拒否したビリー・ジーンが、すべてを賭けて戦う理由とは……?世界中が見守る中、“バトル・オブ・ザ・セクシーズ=性差を超えた戦い”が幕を開ける……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年7月下旬特別号

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」:インタビュー ヴァレリー・ファリス&ジョナサン・デイトン[監督]

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」:作品評

UPCOMING 新作紹介:「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」

REVIEW 日本映画&外国映画:「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」