男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ウインド・リバー

  • ういんどりばー
  • WIND RIVER
  • WIND RIVER
  • 平均評点

    79.3点(558人)

  • 観たひと

    753

  • 観たいひと

    114

  • レビューの数

    94

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2018/7/27
上映時間 107分
製作会社
配給 配給:KADOKAWA 提供:ハピネット KADOKAWA
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVE

予告編


     

解説

「ボーダーライン」脚本のテイラー・シェリダン初監督作品。雪深いネイティブアメリカン居住地“ウィンド・リバー”で女性の死体が見つかる。新人FBI捜査官ジェーンは、心に傷を持つハンターのコリーと共に謎を追い、思いもよらなかった結末にたどり着く。出演は、「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナー、「マーサ、あるいはマーシー・メイ」のエリザベス・オルセン、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジョン・バーンサル。

あらすじ

厳寒の大自然に囲まれた、雪深いアメリカ中西部ワイオミング州にあるネイティブアメリカンの保留地“ウインド・リバー”で、突如女性の死体が発見される。FBIから単身派遣された新人捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)は、遺体の第一発見者で地元のベテランハンターであるコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)に協力を求めるが、不安定な気候と慣れない雪山の厳しい条件により捜査は難航する。隔離されたこの地では多くが未解決事件となる現状を思い知るも、不審な死の糸口を掴んだコリーと共に謎を追うが、思いもよらなかった結末が待ち受けていた。

関連するキネマ旬報の記事

2019年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2018年 第92回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:読者選出外国映画ベスト・テン

2018年8月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ウインド・リバー」

2018年8月上旬特別号

「ウインド・リバー」:インタビュー テイラー・シェリダン[監督]

「ウインド・リバー」:作品論

UPCOMING 新作紹介:「ウインド・リバー」