男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

男と女、モントーク岬で

  • おとことおんなもんとーくみさきで
  • Rückkehr nach Montauk
  • RETURN TO MONTAUK
  • 平均評点

    69.2点(40人)

  • 観たひと

    61

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
製作国 ドイツ
製作年 2017
公開年月日 2018/5/26
上映時間 106分
製作会社
配給 アルバトロス・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2017 Ziegler Film GmbH & Co. KG, Volksfilm GmbH, Pyramide Productions,Savage Productions Ltd, Gaumont S.A., ARTE France Cinema, WDR, BR, ARTE,Barefoot Films GmbH, Senator Film Produktion

場面

予告編


     

解説

「ブリキの太鼓」「パリよ、永遠に」のフォルカー・シュレンドルフ監督によるラブストーリー。実らなかった恋の思い出を綴った新作小説のプロモーションのため、ニューヨークを訪れた作家のマックスは、かつての恋人レベッカから、モントーク岬への旅に誘われる。出演は「われらが背きし者」のステラン・スカルスガルド、「東ベルリンから来た女」のニーナ・ホス。

あらすじ

新作のプロモーションのため、ベルリンからニューヨークにやって来た作家のマックス(ステラン・スカルスガルド)。その小説は、実らなかった恋の思い出を綴ったものだった。かつての恋人レベッカ(ニーナ・ホス)と再会を果たすマックスだったが、別れてから何があったのか彼女は何ひとつ語ろうとしない。だが失意のマックスがニューヨークを発つ3日前、レベッカからロングアイランド、モントーク岬への旅の誘いが舞い込む。そこは、幸福だった頃の二人が訪れた場所であった……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年6月上旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「男と女、モントーク岬で」

REVIEW 日本映画&外国映画:「男と女、モントーク岬で」