男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マイ・プレシャス・リスト

  • まいぷれしゃすりすと
  • CARRIE PILBY
  • CARRIE PILBY
  • 平均評点

    71.7点(107人)

  • 観たひと

    148

  • 観たいひと

    40

  • レビューの数

    17

基本情報

ジャンル 青春 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2018/10/20
上映時間 98分
製作会社
配給 松竹
レイティング PG-12
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2016 CARRIE PILBY PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

場面

予告編


     

解説

「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」などに出演したイギリスの新星ベル・パウリー主演によるドラマ。天才ながらもコミュニケーション能力ゼロのキャリー。セラピストから“幸せになるためのリスト”を渡された彼女は、6つの課題を1つずつ実行していく。共演は「母の残像」のガブリエル・バーン、「エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方」のヴァネッサ・ベイアー、「サヨナラの代わりに」のジェイソン・リッター、「ナルニア国物語」シリーズのウィリアム・モーズリー、「ザ・ライト エクソシストの真実」のコリン・オドナヒュー。音楽は「ブギーナイツ」のマイケル・ペン。「さよなら、僕らの夏」の製作を務めたスーザン・ジョンソンによる長編映画初監督作。

あらすじ

ニューヨークのマンハッタンで暮らすキャリー・ピルビー(ベル・パウリー)。ハーバード大学を飛び級で卒業したIQ185の才女だが、友達も仕事もなし、コミュニケーション能力はゼロ、読書ばかりしている屈折女子だ。そんな彼女の話し相手はセラピストのペトロフ(ネイサン・レイン)だけ。ある日、彼はキャリーに“幸せになるためのリスト”を渡し、そこに書かれた6つの課題をクリアするように告げる。「ペットを飼う」「子供の頃好きだったことをする」「デートに出かける」「友達を作る」「1番お気に入りの本を読む」「誰かと大晦日を過ごす」――それで問題はすべて解決するのかと半信半疑ながらも、まずは金魚を2匹飼い始め、昔好きだったチェリーソーダを飲み、新聞の出会い広告でデート相手を探し……と1つずつ項目を実行していくキャリー。やがて、人と関わり打ち解けたり傷ついたりする中で、徐々に自分の変化に気づいていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年11月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「マイ・プレシャス・リスト」

REVIEW 日本映画&外国映画:「マイ・プレシャス・リスト」