男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

レディ・バード

  • れでぃばーど
  • LADY BIRD
  • LADY BIRD
  • 平均評点

    78.2点(464人)

  • 観たひと

    664

  • 観たいひと

    158

  • レビューの数

    88

基本情報

ジャンル 青春 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2018/6/1
上映時間 94分
製作会社
配給 東宝東和
レイティング PG-12
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2017 InterActiveCorp Films, LLC. Merie Wallace, courtesy of A24

予告編


     

解説

第75回ゴールデン・グローブ賞作品賞・主演女優賞を受賞した青春映画。カリフォルニア州サクラメント。自らを“レディ・バード”と呼ぶ高校生のクリスティンは、高校生活最後の年を迎え、ボーイフレンドや友達、進路のことで揺れ動き、母と衝突を繰り返す。監督・脚本は、「フランシス・ハ」で脚本・主演を務め、本作が初単独監督となるグレタ・ガーウィグ。出演は、「ブルックリン」のシアーシャ・ローナン、ドラマ『ゲッティング・オン』のローリー・メトカーフ、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトレイシー・レッツ、「スリー・ビルボード」のルーカス・ヘッジズ、「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメ、ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のビーニー・フェルドスタイン、「フェンス」のスティーヴン・ヘンダーソン、「ハリウッドランド」のロイス・スミス。

あらすじ

2002年、カリフォルニア州サクラメント。高校生活最後の年を迎え、東部の大学に行きたいクリスティン(シアーシャ・ローナン)は、地元の大学に行かせたい母(ローリー・メトカーフ)と大ゲンカに。クリスティンは癇癪を起して走っている車から飛び降り、右腕を骨折する。失業中の父ラリー(トレイシー・レッツ)、看護師の母マリオン、スーパーで働く養子の兄ミゲルとその恋人シェリーの5人暮らしのクリスティンは、自分を“レディ・バード”と名付けて周りにも呼ばせている。親友ジュリー(ビーニー・フェルドスタイン)と一緒に受けたミュージカルのオーディションで、ダニー(ルーカス・ヘッジズ)と出会う。ダニーと高校のダンス・パーティーでキスをするが、帰宅して母に叱られ、また衝突する。それでも恋は順調で、感謝祭には彼の祖母の家に招待される。夜はそのまま、ダニーやジュリーたちとクールなバンドのライブに行く。帰宅すると、寂しかったと母に告げられる。ミュージカルは成功を収めるが、アフター・パーティーでダニーが男子とキスしているのを見つけ、彼と別れる。一方、東部の大学に入るための助成金の申請書を母に内緒で父に頼む。年が明け、アルバイトを始めたカフェにダニーたちと見たバンドの美少年カイル(ティモシー・シャラメ)がやってくる。彼とまた会う約束をしたクリスティンは、学校ではカイルと同じ人気者グループのジェナとつるむようになり、ジュリーと疎遠になる。ある日、ジェナの家のパーティーでカイルとキスした後、母に「初めてセックスするのって、普通は何歳?」と尋ねる。ところが母の意見も聞かず、カイルとすぐに初体験を済ませるが、彼の言葉で傷つき、母が迎えに来た途端泣き出してしまう。その後、東部の大学からの不合格通知の中に一通だけ補欠合格があったが、まだ母には言えなかった。高校卒業が近づき、プロムのドレスを選びながら、再び母とぶつかり合う。自分の将来について、クリスティンが出した答えとは……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年6月下旬号

「レディ・バード」:インタビュー グレタ・ガーウィグ[監督]

「レディ・バード」:作品評

REVIEW 日本映画&外国映画:「レディ・バード」

2018年6月上旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「レディ・バード」

2018年4月上旬号

試写室:「レディ・バード」