男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ザ・スクエア 思いやりの聖域

  • ざすくえあおもいやりのせいいき
  • THE SQUARE
  • THE SQUARE
  • 平均評点

    70.4点(414人)

  • 観たひと

    580

  • 観たいひと

    83

  • レビューの数

    83

基本情報

ジャンル コメディ / アート / ドラマ
製作国 スウェーデン=ドイツ=フランス=デンマーク
製作年 2017
公開年月日 2018/4/28
上映時間 151分
製作会社
配給 トランスフォーマー
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2017 Plattform Prodtion AB / Société Parisienne de Production / Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS

解説

「フレンチアルプスで起きたこと」のリューベン・オストルンド監督による第70回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作。有名美術館のキュレーター、クリスティアンが発表した展示作品「ザ・スクエア」。それは世間に思わぬ反響を生み、大騒動へと発展していく……。クリスティアンを演じるのは、本作で第30回ヨーロッパ映画賞男優賞を受賞したデンマーク出身のクレス・バング。共演は、「ニュースの真相」のエリザベス・モス、「マネーモンスター」のドミニク・ウェスト、「猿の惑星」シリーズのテリー・ノタリー。

あらすじ

スウェーデン・ストックホルム。洗練されたファッションに身を包む、著名な現代アート美術館のキュレーター、クリスティアン(クレス・バング)は、周囲の尊敬を集め、そのキャリアは順風満帆。離婚歴があるが、2人の娘の良き父であり、電気自動車に乗り、慈善活動を支援している。そんな彼は次の展覧会で「ザ・スクエア」という地面に正方形を描いた作品を展示すると発表。それは、すべての人が平等の権利を持ち、公平に扱われるという“思いやりの聖域”をテーマにした参加型アートで、現代社会に蔓延るエゴイズムや貧富の格差に一石を投じる狙いがあった。ある日、携帯電話と財布を盗まれてしまったクリスティアンは、GPS機能を使い犯人の住むマンションを突き止めると、全戸に脅迫めいたビラを配って犯人を炙り出そうとする。その甲斐あって、数日経つと無事に盗まれた物は手元に戻り、彼は深く安堵するのだった。そんななか、美術館の宣伝を担当する広告代理店は、お披露目間近の「ザ・スクエア」について、画期的なプロモーションを持ちかける。作品のコンセプトと真逆のメッセージを流し、故意に炎上させて情報を拡散させるという手法だった。その目論見は見事に成功するが、世間の怒りはクリスティアンの予想をはるかに超え、皮肉な事に「ザ・スクエア」は彼の社会的地位を脅かす存在となっていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年6月下旬号

読者の映画評:「ミスミソウ」角田哲史/「ザ・スクエア」chokobo/「レディ・プレイヤーⅠ」広沢達哉

2018年6月上旬特別号

「ザ・スクエア 思いやりの聖域」:インタビュー リューベン・オストルンド[監督]

2018年5月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ザ・スクエア 思いやりの聖域」

2018年5月上旬特別号

「ザ・スクエア 思いやりの聖域」:座談会 in 横浜美術館

「ザ・スクエア 思いやりの聖域」:帆足亜紀×西山有子×木村絵理子×襟川文恵

UPCOMING 新作紹介:「ザ・スクエア 思いやりの聖域」