男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ラブレス(2017)

  • らぶれす
  • Нелюбовь
  • LOVELESS
  • 平均評点

    75.8点(214人)

  • 観たひと

    291

  • 観たいひと

    79

  • レビューの数

    53

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ロシア=フランス=ドイツ=ベルギー
製作年 2017
公開年月日 2018/4/7
上映時間 127分
製作会社
配給 クロックワークス=アルバトロス・フィルム=STAR CHANNEL MOVIES
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2017 NON-STOP PRODUCTIONS – WHY NOT PRODUCTIONS

場面

予告編


     

解説

カンヌ国際映画祭審査員賞など高い評価を受けたサスペンス。ボリスとジェーニャは、離婚協議中の夫婦。一刻も早く別れて新しい人生をスタートさせたいと考える2人が一人息子アレクセイの扱いを巡って口論になった翌朝、アレクセイが行方不明になってしまう。出演は「裁かれるは善人のみ」のアレクセイ・ロズィン。監督は「父、帰る」でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したロシアの鬼才アンドレイ・ズビャギンツェフ。

あらすじ

一流企業で働くボリスと美容院を経営するジェーニャの夫婦。離婚協議中の2人は、それぞれ別にパートナーがおり、一刻も早く別れて新しい人生をスタートさせたいと考えていた。問題は12歳の一人息子、アレクセイのこと。どちらも、新しい生活に息子を必要としていなかったのだ。ある晩、激しく罵り合った2人は、お互いに息子を押し付け合って口論に。アレクセイは耳を塞いでその様子を聞いていたが、翌朝、学校に出かけたまま行方不明になってしまう。ボリスとジェーニャは自分たちの未来のため、必死でアレクセイを探すが……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年4月下旬号

「ラブレス」:批評、アンドレイ・ズビャギンツェフ[監督]の言葉と共に

UPCOMING 新作紹介:「ラブレス」

REVIEW 日本映画&外国映画:「ラブレス」