男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

モリーズ・ゲーム

  • もりーずげーむ
  • MOLLY'S GAME
  • MOLLY'S GAME
  • 平均評点

    74.4点(168人)

  • 観たひと

    223

  • 観たいひと

    76

  • レビューの数

    31

基本情報

ジャンル 伝記 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2018/5/11
上映時間 140分
製作会社
配給 キノフィルムズ/木下グループ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2017 MG's Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

場面

予告編


     

解説

「ソーシャル・ネットワーク」でアカデミー脚色賞を受賞したアーロン・ソーキンの初監督作。トップアスリートから一転、世界一掛け金が高いポーカー・ゲームの経営者となり、遂にはFBIに狙われることになった実在の女性モリー・ブルームの栄光と転落を映し出す。出演は「女神の見えざる手」のジェシカ・チャステイン、「ダークタワー」のイドリス・エルバ、「ドリーム」のケヴィン・コスナー、「JUNO/ジュノ」のマイケル・セラ。撮影監督を「ガール・オン・ザ・トレイン」のシャルロッテ・ブルース・クリステンセン、音楽を「スティーブ・ジョブズ」のダニエル・ペンバートンが担当。原作は2014年に刊行されベストセラーとなったモリー・ブルームの回顧録。

あらすじ

2002年、冬季オリンピック予選の最終戦。女子モーグル北米3位のモリー・ブルーム(ジェシカ・チャステイン)は、五輪出場を目前にしていた。心理学教授の厳格な父親(ケヴィン・コスナー)のもと、幼い頃からひたすら練習を重ね、12歳の時の背骨の大手術からも復活したモリーだったが、その大会で松の枝にぶつかりスキー板が外れて転倒、怪我を負った彼女のアスリート人生は終りを迎えるのだった。その後、ケガから回復したモリーは、ロサンゼルスで1年間の休暇を取っていたが、バイト先のボスからポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。そこは、ハリウッドスターのプレイヤーX(マイケル・セラ)、映画監督、ラッパー、ボクサーなど大金持ちの有名人ばかりが集まる場所であった。ゲームの参加費は1万ドル。一夜で100万ドルの金が動くスリリングな世界で、最高レベルの人々との交流に生き甲斐を見つけるモリーだったが、数年後、突然クビを言い渡されてしまう。モリーは秘かに練っていた計画を実行し、自ら経営する“モリーズ・ルーム”をオープン。その後、ニューヨークに拠点を移し、並外れた才覚によって新たなる伝説を築いていく。しかし、2012年、突如FBIに踏み込まれ、モリーズ・ルームは閉鎖。彼女は全財産を没収される。2014年、回顧録『モリーズ・ゲーム』を出版後、モリーは違法賭博運営の容疑で突然FBIに逮捕される。もう2年もやっていないと答えるモリーだが、令状を前に成す術もない。何人もの弁護士に断られたモリーは、チャーリー・ジャフィー(イドリス・エルバ)に弁護を依頼。ジャフィーは、タブロイド紙に載る“ポーカー・プリンセス”は自分向きの事件ではないと断るが、実際のモリーはタブロイド紙に書きたてられるような人物でないことを知り、彼女の弁護を引き受けることを決意する……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年6月上旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「モリーズ・ゲーム」

2018年5月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「モリーズ・ゲーム」