男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

さよなら、僕のマンハッタン

  • さよならぼくのまんはったん
  • THE ONLY LIVING BOY IN NEW YORK
  • THE ONLY LIVING BOY IN NEW YORK
  • 平均評点

    70.6点(82人)

  • 観たひと

    109

  • 観たいひと

    62

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ラブロマンス / 青春 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2018/4/14
上映時間 88分
製作会社
配給 ロングライド
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

場面

予告編


     

解説

「gifted/ギフテッド」のマーク・ウェブ監督が、マンハッタンを舞台に綴る青春ドラマ。大学卒業後、親元を離れたトーマスは、ある日、父と愛人ジョハンナの密会を目撃してしまう。風変わりな隣人W.F.ジェラルドの助言で、トーマスはジョハンナを尾行するが……。出演は「グリーンルーム」のカラム・ターナー、「アンダーワールド」シリーズのケイト・ベッキンセール、「サバイバー」のピアース・ブロスナン、「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」のシンシア・ニクソン、「ギヴァー 記憶を注ぐ者」のジェフ・ブリッジス、「フラットライナーズ」のカーシー・クレモンズ。脚本を「素晴らしきかな、人生」のアラン・ローブ、撮影を「ピアノ・レッスン」のスチュアート・ドライバーグが務める。

あらすじ

ニューヨーク、マンハッタン。大学卒業を機に親元を離れたトーマス(カラム・ターナー)は退屈な日々のなか、風変わりな隣人W.F.ジェラルド(ジェフ・ブリッジス)と出会い、人生のアドバイスを受けることになる。そんなある日、トーマスは想いを寄せるミミ(カーシー・クレモンズ)と一緒にナイトクラブに出向くが、そこで父(ピアース・ブロスナン)と愛人ジョハンナ(ケイト・ベッキンセール)の密会を目撃してしまう。W.Fの助言を受け、ジョハンナを尾行し始めたトーマスは、彼女を父から引き離そうと躍起になるが、「あなたの全てを知っている」という謎めいたジョハンナの底知れない魅力に溺れていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年5月上旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「さよなら、僕のマンハッタン」

2018年4月下旬号

「さよなら、僕のマンハッタン」:マーク・ウェブ監督論

「さよなら、僕のマンハッタン」:作品論

UPCOMING 新作紹介:「さよなら、僕のマンハッタン」