男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

息衝く(いきづく)

  • いきづく
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    69.1点(17人)

  • 観たひと

    18

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル 社会派 / ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2017
公開年月日 2018/2/24
上映時間 130分
製作会社 team JUDAS 2017
配給 team JUDAS 2017
レイティング
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

出演柳沢茂樹 
長尾奈奈 
古屋隆太(青年団・サンプル)
坂本容志枝(zora)
川瀬陽太 
小宮孝泰 
寺十吾(tsumazuki no ishi)

(C)teamJUDAS2017

場面

予告編


     

解説

「愛のゆくえ(仮)」の木村文洋監督が、宗教・原発・家族をテーマに社会と個の関わりを問う人間ドラマ。新興宗教団体を母体とする政党の選挙戦に駆り出される則夫と大和。団体から離れた慈。三人は師である失踪したカリスマ的リーダー森山に再び会いに行く。脚本には批評家の杉田俊介らも参加。出演は「知らない町」の柳沢茂樹、「KOKORO」の長尾奈奈、「At the terrace テラスにて」の古屋隆太ほか。

あらすじ

3.11から数度目の夏を迎え、参議院選挙を控えた東京。新興宗教団体・種子の会で育った則夫と大和は、種子の会を母体とする政党・種子の党の選挙戦に駆り出される。原発の再稼働に目を瞑る政党。大和が活動に邁進する一方で、幼少期に核開発が始まった青森県・六ヶ所村に妹と父とを残してきた記憶に決着をつけられない則夫。則夫の母・悦子に残された時間も少なくなっていた。そんな中、かつて思いを抱いていた慈と再会する。彼女は種子の会から離れ、一人で子どもを育てていた。三人には、絶対的信頼を寄せる父親的存在がいた。それは、自衛隊派兵を機に失踪したかつてのカリスマ的リーダー・森山周だった。生きることに揺れ自立を実感できない三人は、幼少期からの師でもあり精神的支柱でもある森山に再び会いに行くことで、背けていた何かを取り戻そうとする。

関連するキネマ旬報の記事

2018年3月下旬映画業界決算特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「息衝く」

2018年3月上旬号

「息衝く」:インタビュー 木村文洋[監督・共同脚本]