男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

女は二度決断する

  • おんなはにどけつだんする
  • AUS DEM NICHTS
  • IN THE FADE
  • 平均評点

    76.0点(241人)

  • 観たひと

    326

  • 観たいひと

    78

  • レビューの数

    52

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 ドイツ
製作年 2017
公開年月日 2018/4/14
上映時間 106分
製作会社
配給 ビターズ・エンド
レイティング PG-12
アスペクト比 その他
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathé Production,corazón international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH

場面

予告編


     

解説

「50年後のボクたちは」のファティ・アキンが監督、ダイアン・クルーガーが第70回カンヌ国際映画祭主演女優賞受賞を受賞した人間ドラマ。トルコからの移民である夫と愛息を移民街を狙った爆弾テロにより突如奪われたカティヤは、犯人への復讐を決意する。トルコ移民二世であるファティ・アキン監督が、テロの脅威を背景に、残された者の心を描いていく。ダイアン・クルーガーは母国語であるドイツ語を使った映画に初挑戦した。第90回アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品。

あらすじ

ドイツ、ハンブルク。カティヤはトルコからの移民ヌーリと結婚。彼はかつて麻薬売買に手を染めていたが、今では辞めて真面目に働き、息子共々幸せな家庭を築いていた。しかしある日ヌーリの事務所の前で爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが帰らぬ人となる。当初警察はトルコ人同士のもめごとが原因かと見ていたが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明。突如最愛の家族を奪われたカティヤは、憎悪と絶望の中、ある決断をする。

関連するキネマ旬報の記事

2018年5月上旬特別号

グラビアインタビュー:ダイアン・クルーガー、ファティ・アキン[監督] 「女は二度決断する」

REVIEW 日本映画&外国映画:「女は二度決断する」

2018年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「女は二度決断する」