男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ナチュラルウーマン(2017)

  • なちゅらるうーまん
  • UNA MUJER FANTÁSTICA
  • A FANTASTIC WOMAN
  • 平均評点

    74.5点(222人)

  • 観たひと

    314

  • 観たいひと

    69

  • レビューの数

    52

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 チリ=ドイツ=スペイン=アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2018/2/24
上映時間 104分
製作会社
配給 アルバトロス・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA

予告編


     

解説

第67回ベルリン国際映画祭脚本賞受賞のヒューマンドラマ。トランスジェンダーでナイトクラブの歌手マリーナは、歳の離れたボーイフレンドのオルランドと暮らしている。ある夜、オルランドが突然亡くなり、マリーナは思いもかけないトラブルに巻き込まれる。監督・脚本は、「グロリアの青春」のセバスティアン・レリオ。出演は、トランスジェンダーの歌手ダニエラ・ヴェガ、「ネルーダ 大いなる愛の逃亡者」のフランシスコ・レジェス、ルイス・ニェッコ。第42回トロント国際映画祭SPECIAL PRESENTATIONS部門出品、第89回アカデミー賞外国語映画賞チリ代表作品。

あらすじ

チリ、サンティアゴ。トランスジェンダーでナイトクラブのシンガーのマリーナ(ダニエラ・ヴェガ)は、歳の離れたボーイフレンドのオルランド(フランシスコ・レジェス)と暮らしている。マリーナの誕生日を祝った夜、自宅に戻ると突然オルランドの意識が薄れ、亡くなったことで、彼女は思いもかけないトラブルに巻き込まれる。最愛の人を失った悲しみの最中に不躾で容赦のない差別や偏見が浴びせられるが、それでも女性として生きていく権利を胸に、自分らしさを守るための闘いに挑むことを決める。

関連するキネマ旬報の記事

2018年3月下旬映画業界決算特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ナチュラルウーマン」

2018年3月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ナチュラルウーマン」