男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

沈黙 立ち上がる慰安婦

  • ちんもくたちあがるいあんふ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    41.7点(3人)

  • 観たひと

    3

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 社会派 / 戦争
製作国 日本=韓国
製作年 2017
公開年月日 2017/12/2
上映時間 117分
製作会社 アリランのうた製作委員会
配給 アリランのうた製作委員会
レイティング
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット HD

スタッフ

監督朴壽南 
プロデューサー朴麻衣 
制作助手佐藤千紘 
撮影大津幸四郎 
ハン・ジョング 
チャン・ソンホ 
朴麻衣 
カン・テウン 
イ・ヨンチョル 
音楽ユン・ソンヘ 
うたイ・オクソン 
音響スーパーバイザーピョ・ヨンス 
録音奥井義哉 
音響効果/ デザインコ・ウナ 
音響効果チェ・ジヨン 
編集朴麻衣 
色調補正イ・ドンニョル 

キャスト

ナレーション朴壽南 
朴麻衣 

(C)2017朴壽南

場面

予告編


     

解説

「ぬちがふぅ(命果報)-玉砕場からの証言-」など朝鮮人犠牲者の声を記録してきた朴壽南監督が、元・慰安婦の女性たちの闘いを撮ったドキュメンタリー。半世紀の沈黙を破り日本軍の犯罪を証言、名誉と尊厳の回復を訴える彼女たちに寄り添い、その恨を映す。2016年韓国DMZ国際ドキュメンタリー映画祭特別賞<勇敢な雁賞>受賞。日本では117分の拡大版を上映。

あらすじ

韓国・忠清北道に一人で暮らし毎朝寺院で祈祷する90歳の李玉先(イ・オクソン)。彼女は17歳のときに北満州の日本軍慰安所に連行された。半世紀にわたり沈黙してきたが、1994年、14人の仲間とともに日本政府に謝罪と個人補償を求めるため来日。3年にわたり幾度も来日し日本軍の犯罪を証言、名誉と尊厳の回復を訴えた。在日朝鮮人2世である朴壽南監督は彼女たちに寄り添い苦闘を記録。李の人生をつむぎ、生き証人たちの沈黙を未来に伝える。

関連するキネマ旬報の記事

2017年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「沈黙 立ち上がる慰安婦」

2017年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「沈黙 立ち上がる慰安婦」