男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード

  • ぷらはのもーつぁるとゆうわくのますかれーど
  • INTERLUDE IN PRAGUE
  • INTERLUDE IN PRAGUE
  • 平均評点

    70.9点(58人)

  • 観たひと

    76

  • 観たいひと

    25

  • レビューの数

    18

基本情報

ジャンル ラブロマンス / 歴史劇 / ドラマ
製作国 イギリス=チェコ
製作年 2017
公開年月日 2017/12/2
上映時間 103分
製作会社
配給 熱帯美術館
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) TRIO IN PRAGUE 2016.

予告編


     

解説

モーツァルト生誕260年を記念して制作された天才音楽家を巡る愛と陰謀のドラマ。プラハで『フィガロの結婚』のリハーサルと新作の作曲に励むモーツァルトは、若手オペラ歌手スザンナと出会い、惹かれあう。だが、パトロンのサロカ男爵も彼女を狙っていた。出演は、「ダンケルク」のアナイリン・バーナード、「高慢と偏見とゾンビ」のモーフィッド・クラーク、「ハイ・ライズ」のジェームズ・ピュアフォイ。

あらすじ

1878年、オペラ『フィガロの結婚』の話題で持ちきりのプラハで、上流階級の名士たちがモーツァルト(アナイリン・バーナード)をプラハに招き新作を作曲させようと決める。そのころ、三男を病で亡くし失意のどん底にあったモーツァルトは、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるため、喜んでプラハに向かう。プラハにやってきたモーツァルトは、友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、『フィガロの結婚』のリハーサルと新作オペラの作曲に勤しみ、やがて、『フィガロの結婚』のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナ(モーフィッド・クラーク)と出会う。モーツァルトが彼女の美貌と才能に魅了される一方、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながらその天才ぶりに引きつけられる。二人は急速に距離を縮めるが、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵(ジェームズ・ピュアフォイ)もスザンヌを狙っていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」

2017年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」