男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ライオンは今夜死ぬ

  • らいおんはこんやしぬ
  • LE LION EST MORT CE SOIR
  • THE LION SLEEPS TONIGHT
  • 平均評点

    69.2点(63人)

  • 観たひと

    98

  • 観たいひと

    31

  • レビューの数

    19

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 フランス=日本
製作年 2017
公開年月日 2018/1/20
上映時間 103分
製作会社
配給 ビターズ・エンド
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2017-FILM-IN-EVOLUTION-LES PRODUCTIONS BALTHAZAR-BITTERS END

予告編


     

解説

ヌーヴェルヴァーグを代表する名優ジャン=ピエール・レオを主演に迎え、諏訪敦彦監督が「ユキとニナ」以来8年ぶりに撮り上げた人間ドラマ。老優ジャンは、昔愛した女性を訪ねて古い屋敷にたどり着くが、そこで映画撮影ごっこをする地元の子どもたちと出会う。共演は「ジュリーと恋と靴工場」のポーリン・エチエンヌ、「ことの次第」のイザベル・ヴェンガルテン。

あらすじ

南フランスのラ・シオタ。年老いた俳優ジャン(ジャン=ピエール・レオ)は、昔愛した女性を訪ねて古い屋敷にたどり着く。誰も住んでいないその屋敷の中では、地元の子どもたちが映画撮影ごっこをしていた。子どもたちと共に撮影に参加するジャン。撮影が進むにつれて、ジャンと元妻ジュリエット(ポーリン・エチエンヌ)の関係が次第に明らかになっていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2018年1月下旬号

映画の申し子、ジャン=ピエール・レオー「ライオンは今夜死ぬ」:インタビュー ジャン=ピエール・レオ―

映画の申し子、ジャン=ピエール・レオー「ライオンは今夜死ぬ」:対談 諏訪敦彦×筒井武文

映画の申し子、ジャン=ピエール・レオー「ライオンは今夜死ぬ」:対談 中条省平×野崎歓

映画の申し子、ジャン=ピエール・レオー「ライオンは今夜死ぬ」:エッセイ

REVIEW 日本映画&外国映画:「ライオンは今夜死ぬ」