男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

セブン・シスターズ

  • せぶんしすたーず
  • WHAT HAPPENED TO MONDAY?
  • WHAT HAPPENED TO MONDAY?
  • 平均評点

    73.3点(178人)

  • 観たひと

    250

  • 観たいひと

    43

  • レビューの数

    33

基本情報

ジャンル SF / スリラー / ドラマ
製作国 イギリス=アメリカ=フランス=ベルギー
製作年 2016
公開年月日 2017/10/21
上映時間 123分
製作会社
配給 コピアポア・フィルム(提供:ハピネット)
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)SEVEN SIBLINGS LIMITED AND SND 2016

解説

「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパスが1人7役を演じるSFスリラー。世界的な人口過多と食糧不足から厳格な一人っ子政策が敷かれた2073年。そこでは二人目以降の子供は親から引き離され冷凍保存されていた。そんななか、セットマン家で七つ子が生まれ……。共演は「ディストピア パンドラの少女」のグレン・クローズ、「ドッグ・イート・ドッグ」のウィレム・デフォー。監督は『ヘンゼル&グレーテル』のトミー・ウィルコラ。

あらすじ

2073年。異常気象と人口過剰によって資源が減少、社会は混乱し政情不安が起き、繰り返される戦争や難民問題のため世界の状況は一変していた。主要国はみな滅び去り“ヨーロッパ連邦”が新たな超大国として君臨。人類の生き残りをかけ、政府は厳格な一人っ子政策を実施する。それは、二人目以降の子供は児童分配局によって親から引き離され、枯渇した地球の資源が回復する日まで冷凍保存されるというものだった。そんななか、セットマン家で七つ子姉妹が誕生。彼女たちは、唯一の身寄りである祖父(ウィレム・デフォー)によって月曜日から日曜日まで各曜日の名前を付けられ、それぞれ週1日ずつ外出、7人で一人の人格を演じることで30歳まで生き延びてきた。真面目な優等生マンデー、ヒッピーな自由人チューズデー、筋トレが趣味の武闘派ウェンズデー、反逆者サースデー、天才理系女子フライデー、派手好きのお調子者サタデー、慈愛に満ちた皆の仲裁役サンデーたち七姉妹は、本来の個性はバラバラでありながら、自宅の外ではやり手の銀行員カレン・セットマンとして政府の目を欺いていたのだ。だがある夜、マンデーが帰宅しなかったことで、姉妹の日常が狂い始めていく……

関連するキネマ旬報の記事

2017年11月上旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「セブン・シスターズ」

REVIEW 日本映画&外国映画:「セブン・シスターズ」