男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

立ち去った女

  • たちさったおんな
  • ANG BABAENG HUMAYO
  • THE WOMAN WHO LEFT
  • 平均評点

    74.4点(135人)

  • 観たひと

    172

  • 観たいひと

    51

  • レビューの数

    33

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 フィリピン
製作年 2016
公開年月日 2017/10/14
上映時間 228分
製作会社
配給 マジックアワー
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

解説

第73回ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞を受賞した、トルストイの短編から着想を得た人間ドラマ。無実にも拘わらず殺人罪に問われ30年もの間投獄されたホラシア。彼女を陥れた昔の恋人ロドリゴに復讐するため、助力を得ながら彼を追っていく。「痛ましき謎への子守唄」で第66回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したラヴ・ディアス監督が、ロシアの文豪トルストイの短編『God Sees the Truth, But Waits』を足掛かりに、善悪を併せ持つ人間の本質を描き出す。

あらすじ

ホラシア(チャロ・サントス・コンシオ)は無実にもかかわらず殺人の罪で30年間投獄されていた。出所したホラシアは、彼女を陥れたかつての恋人ロドリゴ(マイケル・デ・メサ)への復讐の旅へ。アヒルの卵を売る男や物乞いの女、心と身体に傷を抱えた者(ジョン・ロイド・クルズ)といった困った人や弱者に惜しみなく愛を注ぐホラシア。彼女を慕う人々の助力を得て、次第に憎き男との距離を縮めていく。

関連するキネマ旬報の記事

2018年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2017年 第91回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:外国映画ベスト・テン

2017年11月上旬特別号

「立ち去った女」:寄稿

「立ち去った女」:作品評

REVIEW 日本映画&外国映画:「立ち去った女」

2017年10月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「立ち去った女」