男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ベイビー・ドライバー

  • べいびーどらいばー
  • BABY DRIVER
  • BABY DRIVER
  • 平均評点

    83.1点(825人)

  • 観たひと

    1084

  • 観たいひと

    176

  • レビューの数

    131

基本情報

ジャンル ラブロマンス / アクション / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2017/8/19
上映時間 113分
製作会社
配給 ソニー・ピクチャーズ エンターテイメント
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

予告編


     

解説

「ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う!」のエドガー・ライト監督によるクライム・アクション。天才的なドライビング・センスを買われ、組織の逃がし屋を務める青年“ベイビー”。ある日、運命の女性デボラと恋に落ち、闇の世界から足を洗おうとするが……。出演は「きっと、星のせいじゃない。」のアンセル・エルゴート、「メン・イン・キャット」のケヴィン・スペイシー、「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、『フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ』のエイザ・ゴンザレス、「ミリオンダラー・アーム」のジョン・ハム、「ANNIE アニー」のジェイミー・フォックス。

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、“ベイビー”(アンセル・エルゴート)。そんな彼が最高のテクニックを発揮するための小道具は、完璧なプレイリストが揃っているiPodだった。子供の頃の事故の後遺症で耳鳴りが激しい“ベイビー”だったが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと覚醒する。だがある日、運命の女性デボラ(リリー・ジェームズ)と出会った彼は、犯罪現場から足を洗うことを決意。ところが彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、“ベイビー”は無謀な強盗に手を貸すことになる……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年9月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ベイビー・ドライバー」

REVIEW 日本映画&外国映画:「ベイビー・ドライバー」

2017年8月下旬号

「ベイビー・ドライバー」:対談 轟夕起夫×長谷川町蔵