男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

きっと、いい日が待っている

  • きっといいひがまっている
  • DER KOMMER EN DAG
  • THE DAY WILL COME


  • 平均評点

    77.8点(51人)

  • 観たひと

    65

  • 観たいひと

    32

  • レビューの数

    16

基本情報

ジャンル 社会派 / ドラマ
製作国 デンマーク
製作年 2016
公開年月日 2017/8/5
上映時間 119分
製作会社
配給 彩プロ
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2016 Zentropa Entertainments3 ApS, Zentropa International Sweden AB.

場面

予告編


     

解説

デンマーク・アカデミー賞で6部門を受賞したヒューマンドラマ。1967年、貧しいながらも幸せに暮らすエリックとエルマーの兄弟は、母親の入院により、児童養護施設に預けられる。だがそこで2人を待っていたのは、暴力が横行する過酷な日常だった……。主人公の兄弟を演じたアルバト・ルズベク・リンハートとハーラル・カイサー・ヘアマンエリックは、共に映画初出演。共演は『THE KILLING/キリング』のソフィー・グローベル、マッツ・ミケルセンの兄ラース・ミケルセン(『SHERLOCK3』)。

あらすじ

1967年、コペンハーゲン。13歳のエリック(アルバト・ルズベク・リンハート)と10歳のエルマー(ハーラル・カイサー・ヘアマンエリック)の兄弟は、母親と3人、貧しいながらも、つつましく幸せに暮らしていた。ところがある日、病気が悪化した母親が入院することになり、2人は男子児童向けの養護施設に預けられる。だがその施設では、上級生のイジメに加えて、ヘック校長(ラース・ミケルセン)や職員たちによる“しつけ”という名の体罰が横行していた。新任のハマーショイ先生(ソフィー・グローベル)は、傷だらけになった2人の手当てをしながら、“言いつけを守っていれば、最後に報われる”と諭す。その話を聞き、施設を出られる日まで、幽霊のよう目立たないように過ごそうとエルマーに決意を語るエリック。ところがエルマーは、慣れない環境のせいで毎晩オネショをするようになってしまう。上級生からのイジメも止むことはなく、エリックは次第に不満を募らせてゆく。やがて、文章を読めることに気付いたハマーショイから郵便係に任命されたエルマーは、次第に元気を取り戻す。しかし、療養していた母親がクリスマス直前に急死。絶望したエリックとエルマーは施設から逃げようとするが、ヘック校長らにその計画を阻止されてしまう。2人の逃亡計画をヘック校長に告げてしまったハマーショイは、責任を感じて施設を去って行った。15歳の誕生日が近付き、ようやく施設から出られると思っていたエリックに、ヘック校長は18歳までいるよう告げる。激高してヘック校長の愛車を傷付けたエリックは、ヘック校長から暴行を受け、瀕死の重傷を負ってしまう。悲しみに暮れたエルマーは、こん睡状態のエリックに“いい方法を思い付いた”と語りかけ、ある行動を起こすが……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「きっと、いい日が待っている」