男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

夜明けの祈り

  • よあけのいのり
  • LES INNOCENTES
  • THE INNOCENTS
  • 平均評点

    77.0点(130人)

  • 観たひと

    183

  • 観たいひと

    50

  • レビューの数

    33

基本情報

ジャンル 歴史劇 / 戦争 / ヒューマン / ドラマ
製作国 フランス=ポーランド
製作年 2016
公開年月日 2017/8/5
上映時間 115分
製作会社
配給 ロングライド(提供:ニューセレクト=ロングライド)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2015 MANDARIN CINEMA AEROPLAN FILM MARS FILMS FRANCE 2 CINÉMA SCOPE PICTURES

場面

予告編


     

解説

「ボヴァリー夫人とパン屋」のアンヌ・フォンテーヌによる実話に基づくドラマ。1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若き女医マチルドのもとに、シスターが助けを求めてくる。修道院にはソ連軍の蛮行によって身ごもった7人の修道女がいた。出演は、「世界にひとつの金メダル」のルー・ドゥ・ラージュ、「ハミングバード」のアガタ・ブゼク、「イーダ」のアガタ・クレシャ。第42回仏セザール賞主要4部門ノミネート。

あらすじ

1945年12月のポーランド。若きフランス人女医マチルド(ルー・ドゥ・ラージュ)が赤十字で医療活動を行っていると、悲痛な面持ちのシスターが助けを求めてやってくる。マチルドは担当外であることを理由に一度は断るが、凍てつく空の下で何時間もひたむきに神への祈りを捧げる姿に心を動かされ、遠く離れた修道院へ行く。修道院では、7人の修道女がソ連兵の蛮行によって身ごもり、信仰と現実の狭間で苦しんでいた。マチルドはかけがえのない命を救う使命感に駆られ、数々の困難に直面しながらも激務の合間を縫って修道院に通い、孤立した彼女たちに希望を与える……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年8月下旬号

フランス映画祭2017レポート:インタビュー 「夜明けの祈り」 アンヌ・フォンテーヌ[監督]

UPCOMING 新作紹介:「夜明けの祈り」

REVIEW 日本映画&外国映画:「夜明けの祈り」