男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ルージュの手紙

  • るーじゅのてがみ
  • SAGE FEMME
  • THE MIDWIFE
  • 平均評点

    77.0点(2人)

  • 観たひと

    7

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 2017
公開年月日 2017/12/9
上映時間 117分
製作会社
配給 キノフィルムズ/木下グループ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) CURIOSA FILMS – VERSUS PRODUCTION – France 3 CINEMA (C) photo Michael Crotto

場面

予告編


     

解説

フランスの2大女優、カトリーヌ・ドヌーヴとカトリーヌ・フロが共演した人間ドラマ。パリ郊外に暮らすクレールの元に、30年前に姿を消した継母ベアトリスから連絡が入る。わだかまりを抱えつつも、次第に失われた年月を埋めてゆく2人だったが……。監督、脚本を担当したのは、「ヴィオレット ある作家の肖像」のマルタン・プロヴォ。

あらすじ

パリ郊外。モント=ラ=ジョリーに暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)は、女手ひとつで息子を育てあげてきた。長年続けてきた助産師の仕事に誇りを持ちつつも、自分の生き方を振り返る時間もなく、気づかぬうちに疲れ果てていたある日、1本の電話が入る。その相手は、30年前に突如姿を消した血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)だった。“父に会いたい”という突然の連絡に困惑するクレール。実はクレールの父は、ベアトリスが突然姿を消した事が耐えられず、自殺していたのだ。そのことが原因で、クレールはベアトリスを許せずにいた。真面目なクレールに対して、お酒とギャンブルが好きで自由な人生を謳歌するベアトリス。そんな身勝手なベアトリスにあきれつつも、クレールは全てを失って戻ってきた彼女の事を放っておけなかった。やがて、ベアトリスの古い秘密が明らかになるにつれ、2人の間の失われた年月が埋まってゆく。そしていつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され、人生の扉を少しずつ開き始める……。

関連するキネマ旬報の記事