男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

人生はシネマティック!

  • じんせいはしねまてぃっく
  • THEIR FINEST
  • THEIR FINEST
  • 平均評点

    74.6点(50人)

  • 観たひと

    74

  • 観たいひと

    47

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル 戦争 / ヒューマン / ドラマ
製作国 イギリス
製作年 2016
公開年月日 2017/11/11
上映時間 117分
製作会社
配給 キノフィルムズ/木下グループ
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016

場面

解説

「17歳の肖像」のロネ・シェルフィグ監督ヒューマンドラマ。第二次大戦中のロンドン。コピーライター秘書のカトリンは、戦意高揚映画を作る政府の映画局から新作映画の脚本家にスカウトされる。彼女の脚本のもと「ダンケルクの戦い」にまつわる映画を撮ることに。執筆経験がないながらも奮闘するヒロインを「ボヴァリー夫人とパン屋」のジェマ・アータートンが演じるほか、「世界一キライなあなたに」のサム・クラフリン、「パレードへようこそ」のビル・ナイら豪華英国俳優陣が集結。

あらすじ

1940年、第二次世界大戦下のロンドン。コピーライターの秘書として働いていたカトリン(ジェマ・アータートン)は、人手不足のため代わりにコピーを書いたところ、情報省映画局特別顧問のバックリーの目に留まる。そして、フランス・ダンケルクでドイツ軍の包囲網から兵士を救出した双子の姉妹の感動秘話を描き国民の士気を高めようとする新作映画の脚本陣に加入することに。しかしベテラン俳優のわがままや、政府や軍部からの横やりなどにより脚本は二転三転。それでも困難を乗り越え撮影も大詰めを迎えた頃、カトリンたちに最大級のトラブルが起こる。

関連するキネマ旬報の記事

2017年12月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「人生はシネマティック!」

2017年11月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「人生はシネマティック!」