男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

フェリシーと夢のトウシューズ

  • ふぇりしーとゆめのとうしゅーず
  • BALLERINA
  • BALLERINA
  • 平均評点

    65.6点(71人)

  • 観たひと

    103

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル アニメーション / ミュージカル / 冒険 / ファミリー
製作国 フランス=カナダ
製作年 2016
公開年月日 2017/8/12
上映時間 89分
製作会社
配給 キノフィルムズ/木下グループ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演(声)エル・ファニング Felicie
デイン・デハーン Victor
カーリー・レイ・ジェプセン Odette
マディ・ジーグラー Camille
ジュリー・カーナー Madame Le Haut
テレンス・スキャメル Mérante
タミール・カペリアン Mathurin
土屋太鳳 フェリシー
花江夏樹 ヴィクター
黒木瞳 オデット
夏木マリ ル・オー夫人
熊川哲也 メラントゥ

(C) 2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM

予告編


     

解説

19世紀末のパリを舞台に、バレリーナを目指す少女の姿を活写するアニメーション。オペラ座の舞台に立つことを夢見る孤児フェリシー。ある日、施設を抜け出し、パリで元バレリーナのオデットと出会った彼女は、情熱と勇気だけを胸に新しい世界へ飛び込んでゆく。声の出演は「夜に生きる」のエル・ファニング、「ディーン、君がいた瞬間(とき)」のデイン・デハーン、カナダ出身のシンガーソングライター、カーリー・レイ・ジェプセン。振付を、パリ・オペラ座バレエ団芸術監督のオレリー・デュポンと、パリ・オペラ座バレエ団で長年にわたりエトワールを務めてきたジェレミー・ベランガールが担当する。日本語吹き替え版キャストは「PとJK」の土屋太鳳、「思い出のマーニー」の黒木瞳、「陽だまりの彼女」の夏木マリ。

あらすじ

19世紀末のフランス。ブルターニュ地方の施設ではバレリーナを夢見る少女フェリシー(声:エル・ファニング)が軽やかに踊っていた。いつかはパリ・オペラ座の舞台に立つという大きな夢があるものの、施設で暮らす彼女にとってそれは遠い存在だった。ある日、同じ孤児院の親友であり、偉大な発明家を志すヴィクター(声:デイン・デハーン)に誘われたフェリシーは、エッフェル塔が建設中のパリを目指して施設を抜け出す。やっとの思いでパリに辿り着いたフェリシーだったが、突然ヴィクターとはぐれてしまい、右も左もわからず不安を抱えるフェリシーは、奇跡的に見つけたオペラ座で美しく踊るエトワールの姿を目にする。その美しさに魅了され、夢への期待をさらに膨らませている最中、元バレリーナで今はオペラ座の掃除係オデット(声:カーリー・レイ・ジェプセン)と出会う。オデットは、冷酷な性格の持ち主であるル・オー夫人の家でも住み込みで掃除係として働いていた。その仕事を手伝うことになったフェリシーは、ル・オー夫人の娘でバレエにストイックな情熱を捧げるカミーユと言い合いになり、母親との思い出だった宝物のオルゴールを壊されてしまう。やり場のない怒りとバレリーナへの憧れが募るなか、ル・オー夫人宛てに届いた招待状を受け取ったフェリシーは、カミーユになりすましオペラ座に入学することを思い付く。フェリシーは世界的に有名なメラントゥ先生のクラスに入れたものの、踊りが好きなだけでバレエは初心者同然。しかもこのクラスには“一日一人、脱落させる”という厳しいルールがあった。だがクラスでトップになれば、エトワールのロジータと共にオペラ座の舞台に立つことができる。しかしそう簡単に事が運ぶはずもなく、そこで手を差し伸べたのはオデットだった。元バレリーナによる猛特訓の日々が始まった。そんなある日、ル・オー夫人とカミーユが怒鳴り込んでくる。身分を偽っていることがバレてしまったのだ。オペラ座からの退団を突きつけられたフェリシーだったが、彼女の努力を評価するメラントゥ先生の提案で、カミーユとの対決に勝つことができれば最悪の事態を免れることになった。この大きな試練を前に、フェリシーは夢を掴みとれるのか……。

関連するキネマ旬報の記事

2017年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「フェリシーと夢のトウシューズ」

REVIEW 日本映画&外国映画:「フェリシーと夢のトウシューズ」

戯画日誌:第61回 誰も殺さず殺させず・・・・・・やはりアニメは恐るべし!