男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

パーソナル・ショッパー

  • ぱーそなるしょっぱー
  • PERSONAL SHOPPER
  • PERSONAL SHOPPER
  • 平均評点

    66.6点(191人)

  • 観たひと

    287

  • 観たいひと

    82

  • レビューの数

    39

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / スリラー / ドラマ
製作国 フランス
製作年 2016
公開年月日 2017/5/12
上映時間 105分
製作会社
配給 東北新社=STAR CHANNEL MOVIES
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR

予告編


     

解説

オリヴィエ・アサイヤスが「アクトレス~女たちの舞台~」に続きクリステン・スチュワートと組み、第69回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞したミステリー。セレブの買い物代行をするモウリーンの携帯電話に怪メールが届き始め、奇妙な出来事が起こっていく。クリステン・スチュワートは、双子の兄の死を引きずりながらパリでセレブのために働くパーソナル・ショッパーを演じる。シャネルが衣装協力したほか、カルティエなどのブランドショップが登場。劇場公開に先駆け、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017にて特別上映された(上映日:2017年3月3日)。

あらすじ

双子の兄を亡くしたモウリーン(クリステン・スチュワート)は、数カ月経ってもまだ悲しみから立ち直れずにいるが、何とか前を向こうとしていた。そんなある日、パリでセレブのために服やアクセサリーの買い物代行をするパーソナル・ショッパーの仕事をしている彼女の携帯電話に、送信者不明の奇妙なメッセージが届くように。やがて彼女の周辺で不可解な出来事が次々に起きていく。

関連するキネマ旬報の記事

2017年6月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「パーソナル・ショッパー」

2017年5月下旬号

「パーソナル・ショッパー」:インタビュー オリヴィエ・アサイヤス[監督] 映画そのものが、実体を伴わない、余白のアートである

UPCOMING 新作紹介:「パーソナル・ショッパー」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.12「無限の住人」

新作映画紹介 見ることでちょっと先に進める映画:06 ハイブランド・ファッションを見る 「パーソナル・ショッパー」