男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

キングスマン:ゴールデン・サークル

  • きんぐすまんごーるでんさーくる
  • KINGSMAN: THE GOLDEN CIRCLE
  • KINGSMAN: THE GOLDEN CIRCLE
  • 平均評点

    78.2点(1503人)

  • 観たひと

    1997

  • 観たいひと

    198

  • レビューの数

    202

基本情報

ジャンル アクション / コメディ / バイオレンス
製作国 イギリス
製作年 2017
公開年月日 2018/1/5
上映時間 140分
製作会社
配給 20世紀フォックス映画
レイティング PG-12
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

予告編


     

解説

「キック・アス」のマシュー・ヴォーンが手掛けたスパイ・アクションの続編。謎の敵ゴールデン・サークルの襲撃により、キングスマンの拠点が壊滅。僅かに生き残ったエグジーたちは、同盟を結ぶ組織ステイツマンの協力を得るため、アメリカへ向かうが……。前作に引き続き、「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、「イーグル・ジャンプ」のタロン・エガートンに加え、「アリスのままで」のジュリアン・ムーア、「女神の見えざる手」のマーク・ストロング、「チェイサー」(17)のハル・ベリー、「ローガン・ラッキー」のチャニング・テイタムなど、豪華キャストが顔を揃える。

あらすじ

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵“ゴールデン・サークル”の攻撃により壊滅。残されたのは、一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)の2人だけになってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るため、アメリカへ向かう2人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンとは対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった。彼らは文化の違いを乗り越え、ゴールデン・サークルの陰謀を阻止することができるのか……?

関連するキネマ旬報の記事

2018年1月下旬号

「キングスマン:ゴールデン・サークル」:インタビュー 森山真司(District UNITED ARROWS)

REVIEW 日本映画&外国映画:「キングスマン:ゴールデン・サークル」

2018年1月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「キングスマン:ゴールデン・サークル」