男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

未来世界

  • みらいせかい
  • FUTUREWORLD
  • FUTUREWORLD

amazon


  • 平均評点

    60.5点(35人)

  • 観たひと

    56

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1976
公開年月日 1977/6/18
上映時間 107分
製作会社 AIP作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

「ウエストワールド」の続篇。今回は新聞記者がデロスワールドに入り込み恐ろしい陰謀を探る姿を描くSF。アメリカSF協会選出76年度全米SF映画最優秀作品。製作はポール・N・ラザルス3世、監督は「トラックダウン」のリチャード・T・ヘフロン、脚本はメイヨ・サイモンとジョージ・シェンク(ノヴェライゼーション:ジョン・リーダー・ホール著/番町書房刊) 、撮影はハワード・シュワルツ、特撮監督はブレント・セルストロム、音楽はフレッド・カーリンが各々担当。出演はピーター・フォンダ、ブライス・ダナー、アーサー・ヒル、ジョン・ライアン、スチュアート・マーゴリン、ユル・ブリンナーなど。本国公開原題は Future World。

あらすじ

大レジャー施設『デロス・ランド』。数年前、その中の西部世界(ウエストワールド)で起きたロボットの反逆により一時は閉鎖していたが、新しく未来世界(フューチャーワールド)も加わり、新規にオープンした。敏腕記者チャック(ピーター・フォンダ)が、ある男よりネタを聞きにいったのは、丁度その頃であった。男は「デロス……」と言って死んでいく。やがて、新デロス取材のため、チャックは人気女流キャスターのトレーシー(ブライス・ダナー)と共にランド入りした。他の招待者はソ連や日本等、世界のVIPクラスの人間達。各人は、各々中世世界、未来世界へと入って行く。デロス・ランドの内部は最新コンピューターとそのオペレーターのアンドロイドにより動かされている。人間はシュナイダー博士(ジョン・ライアン)やオーナーのダフィ(アーサー・ヒル)だけ。さっそく、デロスに疑惑を持つチャックの探索が始まった。今は廃墟の西部世界にも何かありそうで、それがない。夜が来た。食物に薬を入れられ、博士により身体分析をさせられるチャック達。翌早朝、昨夜の事はつゆ知らず、チャック達は再び中枢地区に潜入。そこで技師のハリー(スチュアート・マーゴリン)と出会う。彼は人間だった。チャックが殺された例の男の写真を見せると協力するハリー。ある夜、謎の部屋に潜入したチャック、トレーシー、ハリーの3人は、そこでソ連・日本の高官や自分達と瓜二つのクローン人間が作られているのを知った。やがて、この世界の高官をすりかえて、世界制覇を願う博士達の陰謀を知ったチャック達は脱出を試みる。だが実はアンドロイドのダフィや、クローン人間達の妨害、そして死闘。チャックとトレーシーは死んだ。ハリーも殺された。クローン人間達はデロスを去る。果してチャックとトレーシーは、本当にクローン人間なのか?疑惑の眼差で彼らを見送る博士。だが、突然、博士の足元に血まみれのトレーシーが。すでに遅かった。飛行機は出る。勝利のサインをするチャック。そう、チャックとトレーシーは本物--人間だったのだ。去る彼ら。やがて、デロスも滅んでいくにちがいない。

関連するキネマ旬報の記事

1977年7月上旬夏の特別号

外国映画批評:未来世界

外国映画紹介:未来世界

1977年6月下旬号

グラビア:「未来世界」

1977年6月上旬号

キネ旬試写室:未来世界